【ポケモン種族統一】ウルトラファイナル使用構築(サブROM) ゼルネアス6匹PT

「ウルトラファイナル」サブROMで使用したパーティ。伝説使用OKだったので元々持っていたゼルネアス統一を使うことに。

※最初の1体目以外全てGTS産です。

 

・1体目 ハーブジオコン型

性格:おくびょう

努力値:H4 C252 S252

このPT唯一の自己産個体。1,2匹くらいは真っ当な型を入れないと安定して勝てないと判断し普通のハーブジオコン型を採用しました。苦手な鋼タイプを意識して「きあいだま」を入れたが大会中は「ムーンフォース」で事足りる状況がほとんどだった。

 

・2体目 Zジオコン型

性格:ゆうかん

努力値:H252 A252 C4

ゆうかんでどう使おうか考えた結果、火力に下降補正が入っていない部分に注目し、Zジオコンを使った両刀型になった。

努力値をHAぶっぱにした理由は

・素早さに下降補正が入っている

・全能力1段階アップするため、Hに振ればそれを活かせると判断

・全能力1段階アップ+ジオコンでCDS2段階アップでC3段階アップになるため、Cにはあまり振らなくてもよいと思った

 

・3体目 壁型

性格:わんぱく

努力値:H252 B252 S4

B補正だったので耐久に振って壁型にした。ただCが下降補正なので攻撃技を泣く泣く「からげんき」にせざるを得なかった。これがなかったら「ムーンフォース」にしていた。

ゼルネアスよりも速い相手に対しては「でんじは」から先に入って壁を貼るチャンスを増やすようにする。

 

・4体目 鉢巻型

性格:さみしがり

努力値:A252 S252 H4

ゼルネアスは物理技もけっこう豊富なため、また種族統一において一貫性のある鉢巻型にした。苦手な毒に抜群を取れる「しねんのずつき」を入れるべきだった。

 

・5体目 Zとぎすます型

性格:ようき

努力値:A252 S252 H4

ゼルネアスはUSUMの教え技で新たに「とぎすます」を習得。それを活かした構成を作ってみた。

「とぎすます」のZ技の効果は「A1段階アップ」。それ+本来の効果である急所率アップを発動して、「しねんのずつき」「いわなだれ」で怯ませにいく。ゼルネアスより速い相手には「でんじは」を通して麻痺+怯みも狙えるようにする。

ただ急所率を上げるなら「いわなだれ」を「つじぎり」にするべきだった。

 

・6体目 重力型

性格:てれや

努力値:A252 C252 S4

無補正だったのと、「じゅうりょく」を覚える部分に注目した型。ただSに振ってないからというのもあって「じゅうりょく」をする余裕はあまりなかった。

 

 

・使用感

こちらの記事でも言及した通り技構成に改良の余地があったものの、やはり伝説ポケモンというのもあって勝率は良い方だった。ただその影響でレートがどんどん上がり種族統一と当たりにくくなってしまったのが残念。

あと「アイアンヘッド」で怯みすぎ。

 

vs種族統一戦のレポートは次回の記事で書く。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)