もなちゃと常連だった時の話 食い逃げ、学校部屋編(2009年8月~)

2009年6月にもなちゃと23部屋の常連になってから2か月後、ポケモンのフレンド対戦を募集するためにたまたま訪れた「食い逃げ」部屋で知り合った方々と意気投合し、「食い逃げ」常連となった。その後「学校」部屋の常連とも繋がるようになる。

この時「ポケムン」というあだ名を付けられたため、「食い逃げ」部屋では「ポケムン」と名乗るようになる。

その後23部屋と常連を掛け持ち。部屋毎にHNを変えていたが、次第に「食い逃げ」部屋の方がメインになり、名前をまとめようということで

23部屋→ヤマちゃん

食い逃げ部屋→ポケムン

だったので、名前を現在の「やまむん」にした。

 

 

・食い逃げ、学校部屋でしていたこと

雑談、Skypeで繋がることが多かったが、もう一つアメーバピグでも繋がっていた。

なぜアメーバピグなのかというと、周りにアメーバブログをやっている人が多かったから。

自分は最初ライブドアブログをやっていたのだが、これに便乗してアメーバブログに乗り換え。

ちなみにどちらのブログも未だに残っており、アメーバブログに関してはログインもできる。

 

ライブドアブログ

http://blog.livedoor.jp/yamapoke/

 

アメーバブログ

https://ameblo.jp/yamapokemun/

 

アメーバブログの記事は色々あって削除してしまった。

 

 

またクライアントと呼ばれるツールを知ったのもこの頃で、自分は「moa」「Numenume」の2つを使っていた。ちなみにこの2つの同時起動は不可。

クライアントというのは超簡単に言うと、部屋の人数制限を無視できたりAA以外のキャラを使うことができたりするツールである。

常連メンバーの1人にクライアント作者と繋がりがある人がいたので、その人から貰っていた。

Numenumeは途中からよく落とされるようになったのでそこからmoaをよく使うようになった。

 

もなちゃとでの出来事を書き記したメモを見つけたので、そこから「食い逃げ」「学校」部屋であったエピソードのみを抜粋して紹介する。前27個(2010、2011年頃の話)

 

・一時期「完美」というネトゲを常連メンバー達とやっていた。

 

・2010年6月1日に、7月にもなちゃとが閉鎖する噂を聞く。

 

・常連メンバーの数名が「ねむくら2」というクライアントの住民になったことを聞かされる。「ねむくら」は自分も使用していたが住民にはならず。

 

・常連メンバーの1人を嫌うようになる。理由は発言が排他的で気に障る物が多いため。(以下Y氏と呼ぶ。周りにも嫌っている人が多い)

 

・自分は「あるば」という人物に似ているらしい。「~」をよく使う人で「あ~」「だりぃ~」とかよく言ってた。

 

・2010年12月17日にHNを「やまむん」に統一。

 

・「学校」部屋に「ポケヲタ見かけないけど自殺しちゃったのかな」という名前の人が来る。もなちゃとでポケモンをやっている人は少ないのでポケヲタ=自分の可能性あり。

 

・常連メンバーの1人、スカイプのコメント欄に「もなちゃとを5月頃にヤッちまう」と書く。その数日後「BOTのせいで複数規制」「その犯人が12歳LOVEってマジなの?」と書かれる。

 

・「正座」という人物がもなちゃとで「やまむん実は男じゃない」と発言していたらしい。冗談の可能性が高いとのこと。またこの話は口止めされており、他人から聞いたことを正座本人に言ってはいけないらしい。理由は不明。

 

・「学校」部屋常連は元々別の部屋の常連だった人が多い。

 

・常連メンバー同士の話で、知り合って最初に言われた一言が「○○キライだわ」「これ内緒な」とのこと。○○が誰の事かは分からない。

 

・常連メンバーの一人が、自分にひとりかくれんぼの実況スレを一緒にみてほしいと頼もうと思ったらしい。

 

・会議通話で4年前のもなちゃとの話を聞く。(2011年の時なので2007年)
その頃トリプは6文字で、レアなトリプが出回っていた。(例:♦Lv777)
そんな中で世の中に出回っていないようなレアなトリプを付けたいということで編み出したのが「♦UMEEEP」。
しかしトリプを見ただけでそのトリプキーワードがわかってしまう人がいたのでトリプが8文字になってしまった。
それでもまだキーワードを特定する人がいたので10文字になった。それが今である。

 

・常連メンバーの1人が「p@マジキチ」という人からスカイプが来たらしく、「こんにちは」と言ったら突然携帯のアドレスを見せてきたらしい。

 

・常連メンバーの1人、自分に「ギュピエー」と言われた覚えがあるらしい。

 

・普段とは違うHNで「もなちゃと」をやっている人が数名いる。

 

・常連メンバーの1人、「もなちゃと」でキャラクター制作をやっていたらしい。

 

・Y氏が他の常連メンバーと喧嘩がしたという話を他の常連メンバーから聞く。

 

・Y氏に無視機能使ってもクライアントの不具合で相手からは見えているらしい。

 

・途中「学校」部屋に全く来ていなかった常連達の行方が分かるようになる。普通に他の部屋で見たという情報が多かった。

 

・もなちゃとで朝にしつこく「oi」と言ってきた人がいたので、「なんぞ」と返したら「初対面なのに馴れ馴れしい」と言い出した上に「4年前の常連のおっさんって人しらんか」と聞いてきたので「中1の時はやっていない」と言ったら「これだからガキは嫌いなんだ」と返ってきた、常連メンバーの1人にそんな出来事が起きたらしい。

 

・Y氏との喧嘩が原因でしばらく「学校」部屋に来れなくなった人がいた。

 

・「学校」部屋の元常連である「婦女子妄想講座」という人物に出会う。(人間関係が原因でやめたらしい)

 

・昔のもなちゃとは「学校」部屋が人気だったらしい。

 

・常連メンバーの1人から新moaを貰う。なぜ新しくなったかというと作者の意思で新moaに統一するためらしい。

 

・昔のもなちゃとは吹き出しだけ色を変えれたと2chに書かれていたらしい。

 

・常連メンバーの1人、Y氏がいるのと、常連たちとどういう話をしたらいいか分からないという理由で「学校」部屋に行き辛いらしい。

 

・人間関係に関して

食い逃げ、学校部屋は常連メンバーの数が圧倒的に多かった気がする。もしかしたら未だに絡んだことない人がいるかも。

常連メンバーとはお互いの携帯アドレス、番号を交換するくらい仲が良かったが、やはり人間なので数名ほど仲が良くない人もいた。

さらに驚きだったのが、「食い逃げ」「学校」部屋の常連と「入口」部屋の常連は面識があるらしい。とある方のラジオが原因なんだとか。

元「入口」部屋常連をやっていて、そこでトラブルを起こしている自分にはけっこう痛い話だった。

 

実際、「入口」部屋常連のメンバーに何度か出くわしたことがある。

 

中には元「貞子」部屋常連だったという人も。

これも元「貞子」常連だった自分には刺さった。

※なお自分の正体が相手にバレたことは一度もない。

 

 

・常連メンバーの減少

2011年の末に入ってから、常連メンバーの人達が段々もなちゃとに来なくなる。

受験勉強や就職等リアルの関係で来れなくなった人が大半だと思われる。

話によると学校部屋の常連は4年の間に総入れ替えレベルで変わったらしい。

さらに自分がかつて常連だった入口部屋は、常連が10人以上いたのにも関わらず崩壊したとのこと。

今現在自分が思う事として、やはりチャット繋がりだけの関係は長続きしにくいものだと感じた。

ゲームの繋がりだったら世の中色々なゲームがあるし、共通のゲームが多ければ多いほど関係も続きやすいが、チャットの場合どこのチャットも「ただ雑談する」ことしかできないため、中々関係が発展しないものだと思われる。その結果、上のログでも言われている通り「来なくなると別にどうでもよくなる」ということになる。

だからチャットはネット上の人間関係の中でも最も関係を切りやすい場所だと自分は思っている。

 

逆に、チャット以外での共通の趣味を見つければ少しは関係が長続きするんじゃないかとも思っているが、そういった場面をあまり見たことが無い。

やはり1つのチャットの中だと見つけにくい物なのだろうか。実際筆者も自分と同じポケモンをやっている人に出会ったことは少ない。

 

 

2012年5月ぐらいには常連メンバーが一気に減ったため、しばらくは一人で他の部屋を巡回していたがそれも長続きせず、次第に自分ももなちゃとに来なくなる。

その後は本当に暇な時に来るか、毎年年越しの時に来るようにしている。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)