【ポケモン公式Wi-Fi大会】ウルトラファイナル 参加レポート

自分は2ROMとも種族統一パ(同じポケモン6匹)で出場。

 

・最終戦績

ドククラゲ統一 全体18勝25敗1引き分け1無効試合
種族統一ミラー
vsキュウコン(アローラ3匹原種3匹) 相手の回線エラーで無効扱い
vsオオタチ 勝ち
vsゲッコウガ 勝ち
vsメタモン(+パルシェン1匹) 勝ち
vsメロエッタ 負け
vsラムパルド 負け
vsAデオキシス 相手の回線エラーで勝ち扱い
vsラティアス 負け
vsヌオー 負け
3勝4敗2エラー

 

 

ゼルネアス統一 全体26勝19敗

種族統一ミラー

vsラプラス 勝ち
vsツンベアー 負け
vsアルセウス 負け
vsバシャーモ 勝ち
vsミミッキュ 勝ち
vsアルセウス 負け
vsドレディア 勝ち(初手降参)
4勝3敗

 

去年は全45試合の内の半分は種族統一だったのに今回は全然当たらなかった。

 

 

・ドククラゲ統一

一昨年→全体20勝25敗 種族統一ミラー5勝2敗

去年→全体18勝27敗 種族統一ミラー13勝11敗

 

全体の勝敗は去年と同じだがレートを下げて統一と当たるためにわざと降参した試合が2試合ほどあるので実際は去年よりも勝敗は上である。

PTに関しては今までで一番自信のある物を用意したが、統一ミラーでの戦績は今までで一番悪かった。

負けた5試合の内の4試合は苦手タイプか、こちらから大きな打点が無い相手だったため単純に当たり運の問題だと思われる。ちなみに残りの1試合は技選択を誤っていなければ勝てていた試合だったためここは本当に勿体ないことをしてしまった・・・

 

後一番自信のある物と書いたが、ドククラゲよりも速い相手に対して選出できる個体がもう一押し足りなかった。

確実に1発耐えるタスキ型に上から殴れるスカーフ型の2体、ここにあともう1体当てはまる個体が今回いなかった。特殊オンリーならチョッキ型を出せるが物理だとどれも相手の攻撃を耐えない。

入れるとすれば技「たきのぼり、ひみつのちから、あやしいひかりorいばる、こらえる」で持ち物「カムラのみ」の個体にすべきだった。

 

 

・ゼルネアス統一

大会で使ったのは今回が初めて。

1匹6世代産で粘った個体で、あとの5匹はGTSで拾った個体の性格から技構成を決定。

それなりに勝てたが、フェアリー技の少なさ、Zクリスタルを補助技に使っている事もあって選出に困る場面が少しあった。特に「メガホーン」の採用は失敗だったかもしれない。

 

 

・大会全体を通しての感想

大会の参加賞が「色違いのカプ・コケコ」だからというのもあって、初手降参勢と大量にマッチングしたのが非常に残念だった。それによりこちらのレートが無駄に上がってしまい、去年のウルトラスーパーハイパーチャレンジの時よりも種族統一パーティと当たりにくくなってしまった。(種族統一パーティは基本レート1400前後にいる)

色違いのカプ・コケコは過去に配信されたがそちらは性格が「おくびょう」固定。しかし今回は固定ではないみたいなのと、過去に配信された個体を貰い忘れた人も中にはいるため参加賞目当てで参加する人が多かったのだと思われる。(というか参加賞がポケモンになっている大会全部)

3戦以上してランキングに掲載された人が貰えるルールになっているので、極端な話3回初手降参すれば参加賞が貰えてしまう。

ちなみに去年のウルトラスーパーハイパーチャレンジ、一昨年のシャドースチールでの参加賞は「50バトルポイント」だったため初手降参勢とはほとんどマッチングしなかった。

 

種族統一目線だけで語るのはなんか違う気もするが、コレさえなければ最高の大会だった。

次回作ではこの辺りをうまく対策してくれるとありがたいです。(3戦縛りを無くすとか、ポケモンを参加賞にしないとか色々)

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)