【ポケモン仲間大会】とつわきたんじょうび~種族統一 禁伝無し~ 参加レポート【種族統一】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

2月7日に参加。
フォロワーの凸脇さん主催の大会で、本人の誕生日記念でもある。

 

 

・大会ルール

●パーティ内から3体選出
●同じポケモンのみパーティに入れられる(図鑑Noを統一)
●同じ道具を持たせられない
●伝説は使用禁止 幻は使用OK

 

 

・使用統一

久々の制限無し種族統一シングルの大会だったので、安定のドククラゲ統一で参戦。

 

 

・対戦簡易レポ

ニンフィア  〇
誕生日に因んだ初手「おいわい」が飛んでくるが、此方はそんなのお構いなしに「どくびし」と「アシッドボム」で圧をかけていく。
「ねがいごと」をしてきたので珠持ちに交代して「ダイアシッド」連打。「サイコショック」と「ダイアース」を耐えながら攻めていって勝ち。

 

フシギバナ  〇
「だいちのちから」を耐えると思って「つるぎのまい」を選択したらなんと耐えず・・・
2体目を出すと相手がなぜか交代してきたので「アシッドボム」と「こごえるかぜ」で1匹倒す。
その後2体目のフシギバナを「アシッドボム」で起点にして3体目で珠「ダイアシッド」。
ラス1対面で相手に「ダイウォール」が無かったっぽく、「ダイアシッド」→「ダイアイス」で落として勝ち。

 

ロトム    ×
(全フォルム所持 選出:フロスト、ウォッシュ、スピン)
初手「トリック」を「みがわり」で透かすことに成功したので「つるぎのまい」を積むことに成功するが、「たきのぼり」で怯まず1匹倒されてしまう。
フロストロトムを倒し2匹目のウォッシュロトムを「アシッドボム」で起点にしようとしたら「ボルトチェンジ」で逃げられ、スピンロトムの珠「ダイジェット」→「ダイサンダー」を耐えずに負け。
なお「トリック」の中身はヒウンアイスだった模様。

 

ランクルス  ×
「みがわり」で「トリックルーム」のターンを稼いでいくが「はたきおとす」→珠「ハイドロポンプ」を耐えられて相変わらずの火力の足りなさに涙。
その後は2回目の「トリックルーム」を決められ「ダイサイコ」で負け。

 

ガブリアス  〇
初手スカーフ「ふぶき」による奇襲で1匹倒すが2匹目のガブリアスに外してしまい返しの「じしん」でやられる。
しかしそこからタスキ「こごえるかぜ」→「アシッドボム」で起点にして珠「ダイアイス」で落とし、降参で勝ち。
基本的にガブリアス統一は相性不利なので、今回初勝利できたのは嬉しかった。

 

フワライド  〇
毒みがでひたすらハメたら相手が降参。

 

ニンフィア  〇(再)
「ヘドロウェーブ」ゴリ押し、交代して「アシッドボム」、珠「ダイアシッド」連打、「ヘドロウェーブ」で勝ち。

 

 

・大会結果と感想

5勝2敗(〇〇××〇〇〇)
最終レート1543 参加者35人中6位

可も不可もない勝率、成績でしたが過去に参加した「とういつエキスパンションカップV2」以来の一桁順位でした。(※1年4ヵ月ぶり)
マッチング運は少し有利めで、ドククラゲ統一でリピボ級大会に出始めた頃の成績を思い出されました。

 

今回の大会で一つ学んだのは「不利マッチングでもすぐに諦めない、1%でも勝てる可能性を探して挑む事を心掛けるべき」ということです。
確かに種族統一で不利マッチングを引くのはイヤなことではありますが、だからと言ってそこですぐに諦めモードになってしまい、貴重な1勝を逃すのは改めて考えると勿体ないことだなと思います。
実際今回だとランクルス統一戦はほぼ諦めモードだったため選出やプレイングも適当になった結果負けてしまい、逆にガブリアス統一戦では4倍弱点を突ける点や「ダイジェット」の採用率がそんなに高くないプレイヤーであることを考慮して勝ち筋を探した結果勝利をすることができました。

 

普段からすぐに諦めてるわけではないですが、ランクルスのように勝ち筋が見出しにくく、此方の統一で負け越しているような相手だとどうしても諦めモードになってしまいがちです。(実際「トリックルーム」持ちのエスパータイプは絶望的にキツい)
長いこと種族統一ルールをやっていて今更感ある事かもしれませんが、いざ実際の対戦となるとどうしても不利マッチングへの拒否反応が勝ってしまい忘れがちになるので今後の課題となるべき点の一つだと自分は思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)