【ポケモン仲間大会】第74回 #フィンガーボール級 仲間大会カイリキー1on1 参加レポート【ゆびをふる】

5月2日に参加。
チャンピオンの日に因んだカイリキー1on1のゆびをふる大会。

 

 

・使用したカイリキー

腕の多さから「同時育成余裕」。

 

性格:無補正+のんきミント(混乱木の実「なげつける」対策)
配分:H204 A12 B244 C36 D12
・H(天候&火傷ダメージ最小)
・ABC偶数調整(1.5倍補正時に端数が生まれないようにするため。)
・S個体0(「ほろびのうた」判定勝ち狙い、「しっぺがえし」「ジャイロボール」「リベンジ」の火力アップ狙い、初手「かなしばり」が成功、状態異常と「わるあがき」のミラーで相手が先に倒れる調整等)

 

去年の経験から物理耐久に厚く調整。
特性は火傷対策で根性。
持ち物は色々迷った末に、去年のカイリキー1on1で優勝した人と同じ持ち物を採用した。

 

 

・大会結果と感想

10勝15敗(〇××〇〇×〇××〇×〇〇××××〇××〇××〇×)
最終レート1428 参加者49人中42位

第66回以来のトップ10圏外、第70回以来の最終レート1400台という結果。
・相手に「いばる」を撃った後、「イカサマ」と「ちからをすいとる」を食らう。こっちが使いたい。
・弱点保険を投げつけた後「ミストボール」で弱点を突かれる。(試合には勝ち。)
・相手を混乱させると1回も自傷しないのに自分が混乱すると1回で自傷する。
・残りHP1で「フレアドライブ」。
・最遅ミラー1回。
・根性+毒状態でアロマセラピー。
・「みずびたし」を撃ったせいで晴れ下「オーバーヒート」を耐えられる。
・保険発動する前に「エアロブラスト」急所で倒れる。
・相手の「ほおばる」が毎回確定で成功する。
・24戦目でようやく運がよくなる。

 

個体の使用感
・カイリキー自身の弱点の少なさ+最遅調整なのもあって、弱点保険が発動する前にあっさり倒される場面が多かった。
・普段回復木の実をよく持たせているので、今回はあえて気分を変えるため違う持ち物を持たせたが失敗。素直にアッキか回復木の実にするべきだった。
・ただ同じ弱点保険を持たせて3位になっている人がいたので、単純に運が悪かったのもある。
・カイリキーのような耐久調整しても耐えないほど火力が高いポケモンは最遅調整しない方が良いのかもしれない。実際、AとCが高くBとDが低いインテレオン1on1の時は最遅にしなかった。

 

 

・ポケモンHOMEのデータ

特性はやはり根性が1位。ただ実際の対戦だとどの特性を採用しているのか見抜けないので、対戦中は少し不安だったりする。
実際、不屈の心ともマッチングした。

 

性格1位も予想通りだったが、何人かCを捨ててSを優先するためか意地っ張りにしている人がいたみたいだ。

 

弱点保険が4位で意外と多め。ぶっちゃけそれより下にあるマゴやウイの方が強いと思う。

 

 

今回の大会の録画。









Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)