【ポケモン仲間大会】第70回 #フィンガーボール級 仲間大会 参加レポート【ゆびをふる】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

1月22日に参加。

 

 

・大会ルール

カレーの日に因んでカレーの証の付いたポケモン限定
技は「ゆびをふる」のみ
手持ち、選出は1匹のみ
ポイントアップ使用可
ダイマックス禁止
のろわれボディ、プレッシャー、いたずらごころ禁止
ゴツゴツメット、たべのこし、とつげきチョッキ禁止

 

 

・参加可能ポケモン一覧

ワンリキー(3番道路)
ゴーリキー
カイリキー
マホイップ(マホミル4番道路)
ルンパッパ(ハスボー2番道路&湖の奥、ハスブレロ5番道路)
サマヨール(8番道路、ヨマワル6番道路)
ヨノワール
ベロバー(エンジンシティの外れ)
ギモー(ルミナスメイズ)
オーロンゲ
イエッサン♂(ルミナスメイズ、ソード限定)
イエッサン♀(ルミナスメイズ、シールド限定)
ペロリーム(ペロッパフ5番道路&ルミナスメイズ、ソード限定)
フレフワン(シュシュプ5番道路&ルミナスメイズ、シールド限定)
ヤバチャ(ルミナスメイズ)
ポットデス

 

 

・使用ポケモン

今回はフレフワンで参戦。
採用理由は以下の通り
・参加できるポケモンの中でタイプ一致弱点を突かれない
・特性アロマベールで「ふういん」以外で「わるあがき」が発動しない
・同タイプ同特性のマホイップよりもSが低いため「ほろびのうた」に強い。
参考例:S個体21以下まで厳選すればS下降補正で個体値31のサマヨール(実数値40)よりも遅くなれる。
最遅サマヨールだと此方が先制してしまうが、「ちょうはつ」耐性がある分こちらの方が生き残りやすいのと、厳選環境的にそこまで厳選する人は少ないと勝手に判断。

 

性格:のんきミント使用
特性:アロマベール(※とくせいパッチ使用)
配分:H244 B252 D12
・H3n(4分の1回復木の実回復効率最大)
・B(「ゆびをふる」で出る技は物理が多いのと、今回は複数のポケモンが使えるルールなため相手の攻撃を幅広く見れるよう極振り)
・D余り
・S個体4(最遅厳選をしていたが時間の都合で妥協)
持ち物:フィラのみ

 

 

・マッチング

オーロンゲ  ×
マホイップ  〇
オーロンゲ  〇
ヨノワール  ×
ポットデス  〇
カイリキー  〇
オーロンゲ  ×
マホイップ  ×
オーロンゲ  ×(再)
イエッサン♂  ×
マホイップ  〇(再)
オーロンゲ  ×(再)
ペロリーム  〇
イエッサン♀  ×
カイリキー  〇(再)
マホイップ  〇
ヨノワール  ×(再)
オーロンゲ  ×(再2)
ペロリーム  〇(再)

 

 

・大会結果と感想

9勝10敗(×〇〇×〇〇××××〇×〇×〇〇××〇)
最終レート1483 参加者20人中10位

・去年6月のニョロトノ1on1以来の負け越し
・いつも通りHBベースの配分だったが、今回は特殊でゴリ押されて負けるパターンが多かった
・対オーロンゲは1勝3敗で、100%の確率で接触技を引いていたため特性わるいてぐせ+アッキのコンボを何度も決められてしまった
・フレフワンではなく最遅に近いオーロンゲ+わるいてぐせ+ジャポで行くのが正解だったかも
・もしくは持ち物をマゴのみにして、わるいてぐせで奪われた時に混乱を狙う作戦とかもありだった(「ゆびをふる」はS下降補正の性格が多いため)
・特性アロマベールは全く活きなかったが、同時に「ふういん」も一度も引かなかった
・逆に良かった点は、耐久特化のおかげでPPが切れても生き残り、またS個体のおかげで「わるあがき」合戦で後攻になって反動ダメージで勝てたところ
・あとは相手カイリキーのC1段階上昇「しっとのほのお」+「わるあがき」を耐えて勝てた

 

ポケモンHOMEのデータ

使用率は予想通りだったが、フレフワンを使った人がもう1人いたため3位に。
それ以下は使用者1人のみ。(10位がサマヨール、11位がポットデス)

 

今回の大会の録画。








このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)