【ポケモン仲間大会】第1回 #サ・ヌーンカップ 参加レポート【タイプ統一セイムビート】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

1月31日に参加。

 

 

・大会ルール

ノーマルルール シングルバトル
6匹見せ合い→3匹選出(選出が間に合わなかった場合は降参)
タイプ統一のパーティのみ参加可能
シルヴァディに関してはノーマル統一でのみ使用可能(その際の持ち物は自由)
達磨モードやリベロエースバーンは手持ち(BOX)内での元のタイプ表記に準ずる
過去作品限定の技(毒々を覚えたブラッキー等)も参加可能
同じポケモン、同じ持ち物を所持しての参加可能
ただし、禁止伝説及び幻のポケモンの参加は不可
また、準伝説(UBを含む)のみのパーティーでの参加も不可とする。
(準伝×5+通常ポケ1のパーティーはセーフ)

 

ざっくり言うと「タイプ統一限定のセイムビート」

 

 

・使用パーティ

種族統一が出れるルールなので種族統一で出たい
ドククラゲ統一は数日後の大会に回したいため、同じく1位を取りたいグソクムシャ統一を選択
実はグソクムシャ統一で持ち物重複したい案があったのでそれを採用

 

今回重複したのは命の珠。
特殊型グソクムシャは普段拘りメガネを持たせて使っていたが、拘りであるが故に先制技が使えない事に窮屈さを感じていた。
なので命の珠にすれば「特殊技で削って先制技で倒す」という動きを1匹でやることができる。でも普段は持ち物重複禁止だし、元々命の珠を持たせていた枠に持たせれそうな代わりの持ち物が中々見当たらない(拘りハチマキは相手の立ち回り依存なため個人的に使いにくい)
しかし今回の大会は持ち物重複が許されているので問題なく採用できる。また普段やらない事をあえて選択することにより自分自身の視野を広げられるという事にも繋げられると考えている。

 

残りの5匹については物理珠の「がんせきふうじ」を「ふいうち」に変更、後はいつもの1軍グソクムシャと同じ。

 

 

・マッチング

毒統一                 ×
原種サンダー3、Gサンダー2、ルチャブル  ×
ノーマル統一              ×
悪統一                 ×
虫統一                 ×
悪統一                 〇
氷統一                 ×
ニャビー1、ニャヒート2、ガオガエン3   〇
ノーマル統一              ×(再)
悪統一                 ×
ゴースト統一              ×
エスパー統一              ×(運)
悪統一                 〇
ピカチュウ統一             〇
電気統一                ×
ブラッキー統一             〇
毒統一                 ×
サーナイト統一             〇
エスパー統一              〇(再)
ニャビー1、ニャヒート2、ガオガエン3   〇(再)
水統一                 ×
原種ペルシアン統一           〇

 

・予想以上に普通のタイプ統一とばかりマッチングしたため苦戦を強いられた。
・同じポケモン6匹の同志とは4回マッチングしたが相性もあり全て勝ち。
・悪統一は全員ガラルファイヤー入りだったため、飛行技ゴリ押しで負けるパターンが殆どだった。
・というか相性的に飛行タイプ入りはほぼ無理。
・vsエスパー統一はラス1対面でメタグロスの「しねんのずつき」怯みによりダメージレースに負けたことによる敗北。

 

 

・大会結果と感想

9勝13敗(×××××〇×〇××××〇〇×〇×〇〇〇×〇)
最終レート1480 参加者35人中20位

一時期1430くらいまで下がったが、その後は勝ち星を増やし最終1480まで伸ばした。
今回は一般パーティとの乱戦をあまり想定できてなかったため、一致抜群を突いてくる相手に何もできずに負けるパターンが多かった。
簡単な改善案としてはタスキ持ちを採用することだが、普段の種族統一ルールだとタスキがいなくても問題ないケースが多いため頭から抜けていた。
しかし後になって冷静に考えてみると拘りハチマキ持ちの交代先として優秀であることに気づいたので、今後のグソクムシャ統一の良い改良案に気づけたのが今大会の一番の収穫だった。

 

珠特殊グソクムシャの使い心地だが、今回は一般パーティとの対戦が多かったためあまり選出する余裕が無かったためまだまだ情報不足な部分が残った。
特殊型は本来種族統一戦での奇襲として使っているのだが、対一般パーティだと素直に「であいがしら」で攻めに行きたい場面の方が多い。
選出した試合では対威嚇や「ダイスチル」積みに対する奇襲で活躍してくれたが、「ふいうち」との両立が活きる場面は一度も無かった。

 

 

今回の大会の録画。




このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)