吉野家の月見牛とじ御膳とドククラゲ育成数の話

50円引き券を使いたいという理由で仕事帰りに吉野家に行ってきた。

店内に入ったのが18時半頃で、その時は店内で食べている人よりもお持ち帰りで並んでる人の方が多かった。

 

唐揚げは見当たらなかったので月見牛とじ御膳にした。

 

値段:「牛とじ」に、ご飯(大盛り)、お新香、大根おろし、生卵、味噌汁が付いて税込み780円

味:美味しい けど・・・

 

後で調べてみると大根おろしを牛とじと一緒に食べたり、最後に余ったタレをご飯にかけて食べるという方法があったので、その2つを試せなかったのが勿体なかった。

ただそれを抜いたとしても卵黄+溶き卵のダブル卵コンビにタレが加わってとても美味しかった。

 

 

・育成済みドククラゲの数が80に到達

ウルトラサンの図鑑説明

あかい たまから ちょうおんぱを はっせいさせ えものを よわらせると 80ぽんの しょくしゅを まきつける。

 

ツイッターで地味に伸びたからツイートを載せておく。

自分は特に育成数の多さで他人と競い合ったりするつもりはないのだが、やはり多い方が種族統一大会で個体変更の時に選べる範囲が広いので少ないよりは有利と言える。

ただ個体が多いからと言って必ずしも勝てるとは限らないが、技変更の手間も省けるので自分は少ないより多いほうが安心する派。

種族統一を始めたばかりの時は6匹だけで対応しており、それで大会で好成績を叩き出した事もあるが最近はそんな余裕もなくなってきてる。

 

 



 






Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)