【ポケモン仲間大会】ダブル☆ゆびをふる杯 参加レポート

12月25日に参加。

前回と同じ主催の大会。

 

 

・大会ルール

●ノーマルルール・ダブルバトル(ダイマックス禁止)

●「ゆびをふる」を覚えるポケモンのみ参加可能

 

◆追加ルール◆

同じポケモン使用可

同じ道具使用可

●連れていけるポケモンは2匹のみ

●「とつげきチョッキ」に加えて「たべのこし」も使用禁止(対戦時間が長引くのを防止するため)

 

それ以外は前回と同じルール

 

 

・使用ポケモン

ジラーチ

性格:ゆうかんミント使用

配分:H124 A132 B12 C236 D4

・H16n-1(天候、火傷ダメージ最低調整)

・A=C調整&偶数調整(A=Cに近いように調整して「ゆびをふる」で物理特殊どちらが出ても安定した火力が出るようにするためと、能力アップの恩恵を受けやすいよう偶数)

・残りBD B>D調整(「ゆびをふる」で出る技は物理のほうが多いため)

 

トゲキッス

性格:ゆうかん

配分:H244 A252 C12

・H16n-1(天候、火傷ダメージ最低調整)

・C余り

・S個体0(「ほろびのうた」の判定勝ち狙い、「しっぺがえし」等の火力アップ狙い,また後攻になりやすいので1ターン目から弱点保険が発動した状態での攻撃が可能)

 

 

前回はサワムラーの調整として参加した分、今回はガチガチに勝ちに行こうと思いなんか強そう(小並感)な並びで参戦。

また主催が淫夢厨ということで淫夢ネタを使う人が多いので、此方もそれ関係のネタを仕込んでおいた。

ジラーチ→ジラーチっす!

トゲキッス→キッス→クッキー☆キス

 

 

・大会結果と感想

13勝7敗(〇××〇〇〇×〇〇×〇×〇〇×〇〇×〇〇)

最終レート1574 参加者62人中10位

序盤の2連敗以降は1敗ずつしかしなかったためレートを少しずつ伸ばしていった。

が、ギリギリ一桁順位になれなかった模様。

 

大会全体を通して思ったことは、トゲキッスが不運を引きまくりだった。

すぐに集中されて倒されたり、「フラワーヒール」等相手に有効な技を引いてしまったのが原因で負けてしまったり、大事な場面で急所を引いてくれなかったりと踏んだり蹴ったりの状態だった。

逆に活躍した試合は、1対2の状態から「ちからをすいとる」で回復して生き残り、「わるあがき」の反動で倒した時。

そもそも元のAが高くないので補正あり252振り+急所込みでもあまり大したダメージにならなかったので、

ダブル→てんのめぐみ統一

シングル1on1→きょううん、てんのめぐみ どちらか

を選択するのが良いと感じた。

 

ダブルは通常ルールでも「ゆびをふる」ルールでも片方倒されると巻き返しにくくなるため、どちらか片方は耐久に特化したポケモンを置いておくべきだと思った。

あと「ゆびをふる」ルールでポケモン重複は強いのかどうか考えた結果、重複させない方が強いという結論になった。

トゲキッスのように複数の特性を持ちどれも外れがないポケモンや、ジラーチのように特性が1つしかないが強力な物を持っているようなポケモンは重複させても強いが、そもそも「ゆびをふる」を覚えるポケモンは大体が特性が強いし、それなら弱点が一貫しないよう種族を重複させないほうが強い。

 

今回の大会の録画。








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)