【ランクマッチ準拠ダブル】シーズン1使用PT ペリブルントリパ

キョダイマックス、伝説幻ポケモン禁止のダブルバトル

 

私の好きなポケモンはドククラゲなのですが、ソードシールドには出現しないためもう1体のクラゲ枠でソードシールドで内定したブルンゲルを軸としたパーティを作ろうと考えました。

その中でS操作を「トリックルーム」にした理由は単純にブルンゲル自身が「トリックルーム」を使え、尚且つすばやさが低いため「トリックルーム」向きなポケモンだからというのもそうですが、今作はダイマックス技で天候を簡単に逆転できるため「トリックルーム」ならば天候を変えられてもターン中は此方が常に上を取り続けている状態なため非常に有用だと感じたからです。

また飛行タイプのダイマックス技「ダイジェット」でS関係を逆転されても「トリックルーム」ならむしろ此方が余計に上を取れる状態になるのも大きい点です。

 

シーズン1ランクマッチのダブルでは37勝27敗でマスターランク到達。

決して良い勝率とは言えませんが、構築にはそれなりに自信があるので忘れないうちに記録しておきます。

 

 

・個別解説

ブルンゲル 特性:ちょすい 持ち物:ものしりメガネ

性格:れいせい

実数値:207-×-91-150-125-58(S個体0)

努力値:252-0-4-252-0-0

技:しおふき シャドーボール トリックルーム まもる

 

「ものしりメガネ」は最初「しんぴのしずく」にするつもりでいましたが、持っていなかったので代わりとして持たせていました。

しかしダイマックスした時に「ダイホロウ」(ゴーストタイプのダイマックス技)を積極的に撃つため、結果的には「ものしりメガネ」が正解でした。

「まもる」は「トリックルーム」を起動する上で大切に扱うことと、隣をズルズキンorイエッサンに交代した時に合わせて再度「トリックルーム」を起動することも考えています。

 

 

ペリッパー 特性:あめふらし 持ち物:ルームサービス

性格:れいせい

実数値:167-×-120-161-91-63(S個体0)

努力値:252-0-0-252-4-0

技:ねっとう なみのり ぼうふう まもる

 

「あめふらし」による火力アップ、水を半減する草タイプを倒してブルンゲルのサポートを行う過去世代で言うニョロトノ枠。(実はニョロトノよりペリッパーの方が遅い)

「ダイストリーム」(水タイプのダイマックス技)でも雨を降らせることはできますが、最初に撃つ時は雨が降っていない状態なため隣にペリッパーを出すことで最初から最大火力で「ダイストリーム」を撃てるようになります。(=トリックルームのターン数が無駄にならない)

持ち物は「ルームサービス」にしてトリル下で隣のブルンゲルよりも先に動くことで「なみのり」+特性「ちょすい」で回復しながら火力の上がった「しおふき」を通すことができます。

それだけなら「くろいてっきゅう」やパワー系アイテムでも良いが、トリパミラー相手には「トリックルーム」を使わずに戦うため、その際にも上記のコンボでゴリ押せるよう「ルームサービス」を選択しました。(相手の「トリックルーム」で発動してしまうが、交代すればSを元に戻せる)

 

 

ズルズキン 特性:いかく 持ち物:たつじんのおび

性格:ゆうかん

実数値:172-156-135-×-136-56(S個体0)

努力値:252-252-0-0-4-0

技:じごくづき ドレインパンチ ねこだまし みきり

 

相手のバンギラスに強く、「いかく」で相手の物理打点を下げて此方のポケモンを生き残りやすくしつつ「ねこだまし」で「トリックルーム」起動のサポートが仕事。

今作だとダイマックスの登場により「ねこだまし」が撃ちにくくなったが、このポケモンの場合特性のおかげで場に出るだけで仕事をしてくれるため初手で「いかく」を巻きつつ即イエッサンに交代→この指トリルという動きができるのであまり気になりませんでした。また相手のダイマックスを切らした後や2回目の「トリックルーム」を起動する際に重宝するため個人的に「ねこだまし」の需要はそこまで無くなってないと考えています。

悪技は「かみくだく」と「じごくづき」の選択になりましたが、全体的にフェアリーの通りが良いのでそれに少しでも対抗できるよう「じごくづき」にしてニンフィアの「ハイパーボイス」を止められるようにしました。

持ち物は最初「いかく」「ねこだまし」の使いまわしや天候を取り返せる「だっしゅつボタン」にしていましたが、ダイマックス技でいくらでも天候を取り返せるようになったのと状況によってはズルズキン自身をダイマックスさせることもあったため「たつじんのおび」に変更しました。

 

 

ブリムオン 特性:マジックミラー 持ち物:たべのこし

性格:なまいき

実数値:164-×-147-156-136-30(S個体0)

努力値:252-0-252-0-4-0

技:マジカルシャイン まほうのこな トリックルーム いのちのしずく

 

ブルンゲルともう1体「トリックルーム」を起動できるポケモンとして採用。専用技である「まほうのこな」(相手をエスパータイプにする技)と合わせることでブルンゲルと非常に横相性が良いです。理由は以下の通り

・トリル下のS順がブリムオン→ブルンゲルなため「まほうのこな」+「ダイホロウ」の集中コンボを決めれる。(水受けにきたトリトドン、ウォッシュロトムにも有効なためとても強い)

・ブルンゲルに強い悪、水半減のドラゴンに対してフェアリーが刺さる⇔ブリムオンに強いゴーストに対してゴーストが刺さる、鋼半減

また「まほうのこな」はズルズキンの悪技とも相性が良かったり、此方のナットレイの攻撃を半減から等倍に変えたり相手の攻撃をタイプ不一致技にすることで少しでも火力を落として耐えるようにできたりと非常に強力な技です。(※ただし草タイプには無効なので注意)

ただ「いのちのしずく」は一考の余地があるかもしれません。

 

 

イエッサン♀ 特性:マイペース 持ち物:カシブのみ

性格:のんき

実数値:177-×-128-115-126-81(S個体0)

努力値:252-0-252-0-4-0

技:マジカルフレイム ねこだまし このゆびとまれ てだすけ

 

「このゆびとまれ」で相手の単体攻撃技を吸って確実に「トリックルーム」を起動できるようにします。そのためほぼ先発

大半の人は特性を「サイコフィールド」にしていますが、今回は「トリックルーム」を100%決めたいパーティなので起動できる機会を少しでも増やすために「ねこだまし」を採用しているのと、混乱状態で「このゆびとまれ」を妨害されないよう「マイペース」にしています。

トリル起動要員と並べた時に悪タイプの技が一貫するので持ち物は「カシブのみ」。

攻撃技は「マジカルフレイム」にしてキツいナットレイを少しでも削ったり、相手の特殊アタッカーの火力を下げて倒されないようにサポートをします。

特に「このゆびとまれ」の影響を受けない特性「すじがねいり」のジュラルドンに対して有効です。

 

 

ナットレイ 特性:てつのトゲ 持ち物:いのちのたま

性格:ゆうかん

実数値:181-160-151-×-137-22(S個体0)

努力値:252-252-0-0-4-0

技:タネばくだん ジャイロボール のろい まもる

 

フェアリーの一貫性と相手の水への打点不足を解消するための枠。

またブルンゲルが倒されたり、選出できない相手に対してパワー不足になるのでその際にはこのポケモンを軸にして戦います。

そのため軸としての役割を果たすため少しでもパワーを上げるために「のろい」を採用して持ち物は「いのちのたま」。

「タネばくだん」は最初「タネマシンガン」にしていましたが、あまりにも運要素が強すぎて安定しないため変えました。「パワーウィップ」でない理由は「のろい」を積んだ後に技を外すことは「トリックルーム」のターンの無駄になるため命中率を重視した結果から不採用になりました。「のろい」を採用しないのであれば「パワーウィップ」にしています。

ダイマックスすると拘り系アイテムの効果が解除されるため「こだわりハチマキ」型にしてみるのもありだと思います。

 

 

・選出例

※相手のメンツにより変動あり

 

・基本

先発:イエッサン ブルンゲル

後発:ペリッパー ブリムオン

この指で吸いながら「トリックルーム」を起動し、ペリッパーで雨を降らせて押し切るかブリムオンで「まほうのこな」を重ねて突破を狙う。

vsバンドリに対してはブリムオンをズルズキンかナットレイにします。

 

vsエルフーン入り

先発:イエッサン ブリムオン

後発:ブルンゲル ナットレイ

「アンコール」のケアも考えてブリムオンを先発に。

 

vsナットレイ入り

先発:イエッサン ブリムオン

後発:ズルズキン ナットレイ

ブルンゲルは選出しない。ペリッパーが入ってくることもあり。

相手のナットレイにはズルズキンの「いかく」を通したりイエッサンの「マジカルフレイム」で削りつつ、他の3匹を早急に倒してこちらのナットレイで積ませる。

 

vsジュラルドン入り

先発:イエッサン ブルンゲル

後発:ブリムオン ナットレイ

高確率でジュラルドンが初手+ダイマックスしてくるのでジュラルドンの隣に「ねこだまし」を撃つ。

ダイマックス技でもブルンゲルは確実に1発耐えるので「トリックルーム」は決められる。

 

vsトリックルームミラー

先発:イエッサン ブルンゲル

後発:ペリッパー ズルズキン

とにかく此方のブルンゲルの「しおふき」で攻めていく。「トリックルーム」は相手に使われた場合のみ使用。

相手にドサイドンがいた場合は極力放置。「じならし」+「じゃくてんほけん」のコンボ前提で最遅にしていない個体もいるのと、ダイマックスされると4倍弱点でも耐えてきて「じゃくてんほけん」で強化されるため。

コータス入りが多いのでナットレイは選出しない。

 

 

ダイマックスは基本的にブルンゲルかナットレイに使いますが、状況に応じてズルズキン、ペリッパーに使う選択肢もあります。(ペリッパーの場合「ダイジェット」でSが上がってしまうので注意)

イエッサンとブリムオンにはほぼ使いません。

ブリムオンの努力値配分、「いのちのしずく」→「まもる」or「マジカルフレイム」、たべのこし→リリバのみに変更してどう化けるか。

 



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)