6/21 精神科の心理検査の結果



この日はバイトが夜からだったので、午前中に心理検査の結果報告を受けに行くことにした

 

そもそもなんで精神科に行っていたのか

前々から自分は注意散漫で不器用な部分が目立っており、ついには親から「発達障害なんじゃないか」とまで言われたので行くことを決意した。あとは再就職した時の不安

 

10時起床
(本当は8時に起きる予定だったのにこのテイタラクっぷり)

病院のついでにガソリンスタンド、お菓子屋、ハローワークにも行こうと思い行く前にルートを考える
道順や優先度を考えた結果、ガソリンスタンド→病院→お菓子屋→ハローワークというルートで行くことにした

11時ちょうどぐらいに病院に到着し、呼ばれるのを待つ

結果

ADHDではない。言語性IQ77、動作性IQ84で全体的な知能発達の状態(全検査IQ)が78(70以下が知的障害のラインらしい)
つまりギリ健ということなのだろうか

・特徴
<作業記憶> 耳で聞いた情報を覚えることは得意な分野と言える。しかし情報量が多くなったり、内容が複雑になったりすると混乱してしまうことが考えられる。頭の中だけで処理せずメモを取ったり、他には携帯電話のカメラ機能や録音機能を利用するといいかも。

 

<知的統合> 目で見た情報を読み取ったり、それらの特徴からパターンを推測したり、何かの作業をしたりすることは比較的得意と言える。しかし情報量が多くなると混乱してしまったり、実際に目で見てわかる手がかりが少ないと考えにくかったりするのかもしれない部分がある。何かを考える時には一度紙に書きだすなど、目に見える形にすると考えやすくなるかも。

 

<言語理解> 言語的な情報から何かを考えたり、新しいことを推論したりすることに苦手さがあると考えられる。例えば言葉だけではイメージができなかったり話の全体的な流れをつかむのが苦手だったりすることもあるのかもしれない。特に言葉での説明が長くなると理解が難しくなることも考えられる。どうやったらできるようになるかについて(例えば「一度にたくさん話すのではなく少しずつ区切って説明してほしい」等)、周りに伝えておくといいかもしれない。

 

<処理速度> 苦手な分野と考えられる。作業は丁寧で正確だが、丁寧にやるためにスピードが遅くなってしまうことが考えられる。そのため、自分のペースで取り組むことができる課題では正確な作業はできますが、時間制限のある課題では本来の能力が十分に発揮できないことが考えられる。効率よく行うための工夫が必要、またそれを確認することで能力を十分に活かすことが可能になると思われる。

 

感想

IQ、特徴は納得のいく内容であった。確かに情報量が多くなると覚えられないし理解しにくくなる部分はあるし、実際「話を聞いても一発で理解できないこともある」 ただ情報量関係なく「人の話を集中して聞けない。他事を考えちゃう」という部分もある。(感想については後日加筆する予定)
念のため薬を処方してもらった。14日分 効き目は弱いほうらしいので14日後に強いほうを頼むかもしれない。

 

で、その後の行動
・お菓子屋
久々にも○やというお菓子屋で買い物。そこにしか無いお菓子もあり品揃えが豊富だが全体的に値段が高かった気がする

 

・ハローワーク
気になる会社3社を見つけたが様々な理由で応募はしなかった。



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)