【ポケモン仲間大会】第75回 #フィンガーボール級 仲間大会エビワラー1on1 参加レポート【ゆびをふる】

5月29日に参加。
ボクサーの日に因んだエビワラー1on1のゆびをふる大会。

 

 

・使用したエビワラー

NNはパッチルドン+パンチ。
パッチルドンの色と合わせるために色違いを厳選。
1回目のエビワラー1on1の時はNNパンチラゴンだったので、今回は対となるポケモンをモデルにした。

 

 

性格:のんき
配分:H220 A20 B252 C4 D12
・H4n(オボン回復効率最大)
・↑+Dと合わせて補正ありC252振りエビワラーのこだわりメガネ+フィールド補正あり「ワイドフォース」確定耐え(他の数値を偶数調整するために12振り)
・B極振り
・S以外の実数値偶数調整(1.5倍補正時に端数が生まれないようにするため。)
・S個体0(「ほろびのうた」判定勝ち狙い、「しっぺがえし」「ジャイロボール」「リベンジ」「ゆきなだれ」の火力アップ狙い、初手「かなしばり」が成功、状態異常と「わるあがき」のミラーで相手が先に倒れる調整等)
持ち物:オボンのみ

 

サワムラー1on1の時の配分とほぼ同じ。サワムラーと比べるとAが低くBが高いので、サワムラーよりも場持ちは良いだろうと判断。(なおダメージ計算は大してやってない)
耐久振りなため長期戦になると予想し持ち物は回復のためにオボンのみ。4分の1回復木の実でない理由もサワムラー1on1の時と同じ。

 

 

・大会結果と感想

11勝10敗(××〇×〇〇〇×〇×〇×××〇〇××〇〇〇)
最終レート1523 参加者23人中8位

・最初の3勝は全て相手の自滅による物。
・逆に自分の自滅は2回。
・自分の「いやなおと」が外れて相手の「ばくれつパンチ」が当たって負け。
・2連続1撃技が飛んできて2回目に命中して負け。
・一撃技を当てられた回数3回。
・最遅ミラーは0。
・序盤で大きく負け越したせいで1位が厳しくなったので一桁順位になったら終えようと思ったが、21戦終わった時点で6位→9位に転落し怪しくなる。
・しかし最後まで順位は変わらずに大会終了。
・最終8位で暫定よりも1個上がっていた。

 

個体の使用感
・上から物理でゴリ押される場面が多かったので最遅にしない方が良かったかもしれない。HAベースで拘り鉢巻きを持たせるのが正解か?
・ただ来月のイエッサン1on1ではHBベースの配分が活きそうな感じがするので調整は変更しない。

 

 

ポケモンHOMEのデータ

特性は「ゆびをふる」が基本的に長期戦になりやすいため命中ダウン対策の鋭い目が1位だと思っていたが、まさかの鉄の拳が1位。

 

 

性格について。勇敢1位は納得だが意地っ張り2位は少し意外。元のCが低いため捨てたのだと思われるが、どれでも弱点を突ければ多少はダメージ稼ぎになるのと「ゆびをふる」の運によっては特殊技が連続で出る可能性も全然あるため、C下降は自分の中では無いと思っている。

 

 

1位と2位は予想通りだが3位の弱点保険は予想外だった。

 

 

今回の大会の録画。









Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)