【ポケモン7世代構築振り返り】WCS2018 デマルドンジャラ



USUM初期の頃に作ったPT。

・構築概要

トゲデマル+リザードンの並びがカプ系全てに強い事に気づき、組むに至る。

 

トゲデマル 特性:ひらいしん 持ち物:きあいのタスキ
性格:ようき
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:141-150-83-×-93-162
技:びりびりちくちく アイアンヘッド ねこだまし アンコール

 

教え技で新たに習得した「アイアンヘッド」のおかげでリザードンと並べた時にカプ系全てに刺さるようになった。

「アンコール」はリザードンの火力を通したりジャラランガのZ技を通すための掻き乱し技。

 

 

リザードン 特性:サンパワー→ひでり 持ち物:リザードナイトY
性格:おくびょう
努力値:4-0-44-204-4-252(CエアスラッシュでH4ジャラランガ確定、S最速)
実数値(メガシンカ前):154-×-104-155-106-167
実数値(メガシンカ後):154-×-104-205-136-167
技:ねっぷう かえんほうしゃ エアスラッシュ まもる

 

特性「サンパワー」にしているが普通に「もうか」のほうがいいです。

努力値は「いかく」込みで霊獣ランドロスの「いわなだれ」のダメージを少しでも抑えたかったのでこの調整にしたが、どのみち不利な相手なので普通にCSぶっぱでいい Sは激戦区の100族なので「おいかぜ」軸でない限り最速にしない理由は

「エアスラッシュ」はジャラランガの専用Zが解禁された時期だったので対策として採用しました。

 

 

ジャラランガ 特性:ぼうおん 持ち物:ジャラランガZ
性格:おくびょう
努力値:68-0-0-188-0-252(みがわりの発動効率最大調整のつもりだったがミスしていた、S最速)
実数値:159-×-145-144-125-150
技:スケイルノイズ きあいだま みがわり まもる

 

トゲデマルリザードンでカプ系を駆除した後にこのポケモンの専用Zを通すというのがコンセプト。またトゲデマルリザードンそれぞれと横相性が良い。

「きあいだま」はヒードランがキツいので採用。「インファイト」だとZ技での能力アップが無駄になってしまう上に「いかく」でAが元に戻ってしまうのでやめました。

最後は「みがわり」を採用。全能力アップで壊れにくくなる上に「こごえるかぜ」等のS操作技を受けないようになるからです。また「きあいだま」の試行回数を稼ぐこともできます。

 

 

霊獣ランドロス 特性:いかく 持ち物:こだわりスカーフ
性格:ようき
実数値:4-252-0-0-0-252
努力値:165-197-110-×-100-157
技:じしん いわなだれ ばかぢから はたきおとす

 

リザードンミラー対策。「とんぼがえり」は受け先がいないので不採用。

 

 

アーゴヨン 特性:ビーストブースト 持ち物:いのちのたま
性格:おくびょう
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:149-×-93-179-93-190
技:ヘドロばくだん りゅうのはどう めざめるパワー(じめん) おいかぜ

 

相手のボーマンダがキツいので、上から縛れて相手の「おいかぜ」に切り返せるポケモンとしてアーゴヨンを選択しました。

「りゅうのはどう」は「いのちのたま」込みでH4メガボーマンダ確定1発にできるので、わざわざ「りゅうせいぐん」を入れなくても十分だと判断し採用しました。

「めざめるパワー」は相手のヒードラン対策。

 

 

モロバレル 特性:さいせいりょく 持ち物:くろいてっきゅう
性格:なまいき
努力値:252-0-164-0-92-0
持ち物:221-×-122-105-112-31
技:ギガドレイン キノコのほうし いかりのこな まもる

 

相手の「トリックルーム」対策。また「いかりのこな」で引き寄せて隣の全体技を通すのが役割です。

持ち物は「くろいてっきゅう」にして「トリックルーム」下のツンデツンデに対して上を取れるようにしました。

 

 

・戦績

第17回あいオフ 予選スイスドロー2勝4敗 31位予選落ち
2018INC January モロバレル→ピッピに変えて使用 結果惨敗

 

とにかくリザードンミラーの同速対決が不毛でイヤになったので使うの辞めました^q^



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)