【ポケモン仲間大会】だい10かいリピートボールカップ(~all for now~) 参加レポート【種族統一】

3月20日に参加。

 

・大会ルール

●パーティ内から3体選出

●同じポケモンのみパーティに入れられる(図鑑Noを統一)

●同じ道具を持たせられない

●フォルムチェンジ、リージョンフォーム違いなら入れられる

●特別なポケモン(伝説、幻)は参加させられない

 

 

・使用統一

説明不要のドククラゲ統一。

今回は新規個体を2匹投入している。

 

①弱点保険型

持ち物:じゃくてんほけん

特性:クリアボディ

性格:おくびょう

配分:H28 B100 C124 D4 S252

調整:HP16n-1 CダイソウゲンでH252振りラグラージ確定1発 S最速 残りB

技:ねっとう、ギガドレイン、こうそくスピン、とける

弱点保険型を改良。前までは「ヘドロウェーブ」を採用していたが、それだと威力の低い「ダイアシッド」になるので今回は突破力を重視して水技に変更。

あとは「ダイアタック」用のノーマル技を「こうそくスピン」に変更。これによりダイマックスをしていない時でも素早さ操作ができて、「ダイアタック」が物理になるので相手の「ミラーコート」を透かせるようになる。

 

 

②拘束耐久型

持ち物:くろいヘドロ

特性:ヘドロえき

性格:おくびょう

配分:H36 B252 C4 D52 S164

調整:HP16n Bぶっぱ S最速バイウールー抜き CD余り

技:まとわりつく、どくどく、とける、まもる

「どくびし」軸をやめ、「どくどく」軸にした。

プランとしては「どくどく」と「まとわりつく」の蓄積ダメージでほぼ確実に1体倒して数の有利を取り、2体目にも「どくどく」を入れて優位に立ち、残りで倒しに行く。

 

 

・対戦簡易レポ

ベロベルト  〇

「とける」2回積んだのに急所で倒されてしまうが相手の「ダイウォール」に合わせて弱点保険型で「とける」を決めたのが大きく、アド差で勝ち。

 

ファイアロー 〇(運)

耐久型で積ませに行ったら特殊型に交代されるもそれを読んで「まとわりつく」を決める。

その後「ぼうふう」を避けまくったところで相手が降参。

 

レアコイル  〇

「ハイドロポンプ」を外したりダイマックスのタイミングで「てっていこうせん」で退場されたりと劣勢だったが弱点保険発動で逆転勝ち。

 

ジャラランガ ×

耐久型から入ったら「みがわり」をされて詰んだので早々に降参。

 

ラグラージ  ×

初手スカーフ読み初手弱点保険ダイマックスが決まるが、2体目に対してチョッキダイマックスを警戒して「ダイソウゲン」で突っ張った結果、タスキ「ミラーコート」で倒される。

その後は「ねっとう」で火傷にすれば勝てていたが火傷にならず負け。

 

トゲキッス  〇

「メロメロ」で2回目行動できなかったが、3回目で行動することができ相性で勝ち。

 

ボルトロス  ×

どこかで「こうそくスピン」をしていれば勝てていたが甘えて負け。

 

テッカグヤ  〇

相手のラス1に「ダイジェット」2回されて負けかと思ったがそれでも此方のほうが速かったので勝ち。

 

ドラパルト  ×

型の出し負け。

 

ベロベルト  ×(再戦)

「ドわすれ」持ちの耐久型に積まされて負け。

 

アブソル   〇

「ヘドロばくだん」による毒と、型の出し勝ちが決まり勝ち。

 

ジャラランガ ×(再戦)

初手スカーフ読みを決めてラス1まで追い詰めるがタスキで負け。

 

チルタリス  〇

スカーフ「れいとうビーム」ゴリ押しで攻めていき、ラス1に「うたう」を2回当てられるが「ぼうふう」避けて勝ち。

 

ブリムオン  ×

「トリックルーム」のターンを上手く稼げずに負け。「ミストバースト」読みをしていればワンチャンあった。

 

オーロット  ×

選出の都合上パワーが足りなくて負け。

 

 

・最終結果

7勝8敗 レート1477 参加者34人中16位

最後にレートを大きく溶かし負け越してしまいましたが、参加者人数の影響でベスト16位以内でした。

ラグラージ、ボルトロス、ベロベルト再戦、オーロット戦は選出立ち回り次第では勝てていた試合でしたが、それ込みでも後半厳しい相手とのマッチングが多かったので1ページ目入りが限界だったと思います。

まあドラパルトにマッチングした辺りから集中力が切れたのもある。

 

後「ねっとう」の火傷率が異常に低かった。vsベロベルト再戦、vsテッカグヤの時くらいしか引けなかった。

 

以下反省点と改善案

・弱点保険型の「ダイアタック」を一度も使えなかった(使う機会はあったけど自分が活かせなかった)

改善案:もう少し冷静に立ち回る 最速ドククラゲより速い種族相手には最低1回は「ダイアタック」を選択することを考える

 

・全体の技範囲が微妙

改善案:誰が来てもいいように少しでも技範囲を広げるよう構築する

 

・チョッキ型の配分は再考の余地がある

改善案:ダイマエースとしても使えるようもう少し特攻に努力値を寄せるか、思い切って別の型に変えるか

 

ただどんなにパーティを改良しても、当日マッチングした統一や型との相性に大きく左右されるのがメタ無し種族統一の難しいところなので、結局はその日の運にお祈りするしかないのが結論です。

 

ドククラゲ統一は冠の雪原が解禁してから負け越しが多くなってる。種族値が高いポケモンが増えたのもあるけど、やっぱり一番はまだまだ使い慣れ切れていない部分があるのが原因だと思ってる。(普段のリピートボールタイムだと違う統一ばかり使っているため)

なので今後はもう少し積極的にドククラゲ統一を回していくことにする。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)