6月27日 とある就活応援セミナーに参加してきた



「職場のコミュニケーション」に関するセミナーに参加してきた。

きっかけは母からのLINE。
最初は参加しないつもりでいたが、後から冷静になって今後のことを考えると、再就職した時に円滑なコミュニケーションが取れずまた早期離職に繋がってしまうのは本気で不味いと思い参加することにした。

・全体の流れ

最初にそもそもコミュニケーションとはなんなのか、なぜ必要なのか、という話から始まり
コミュニケーションのサイクル(聴く事や話す事の具体的な方法や心構え)を教えてもらいそれを隣の席の人と実際に実践してみる、という流れだった
途中で10分の休憩を挟み、そこから良い関係を築く会話術としてお礼、断り方、お詫びの極意の事を学び、またそれを実際に実践する

 

・結局実践できなければ意味無し?

自分が2年前に通っていたコミュニケーション向上のための講義でも、実践することをよく言われていた。そもそもコミュニケーション自体実践で学んでいく(=自ら積極的に行動していく)ものなので知識ばかり増やしても意味がない。
そして自分は明らかにその辺の行動が足りてない、怠っているのでコミュ力が足りてないのは当然なのである。

 

・自分の印象、結果

待ち時間や休憩時間でけっこう緊張しているように見えたらしい。確かにこういったセミナーは初めてだし、どんなものなのか分からず多少の不安はあったが、実際は他人に興味がないが故にボーっとしていただけである。
後は聴くワーク(相手の話を聞いて、その後話の内容を理解できてるかチェックする)の時に、完璧に内容を理解することができて褒められた。覚えるのに必死だったが意外とやればできるのかもしれない

 

・で、自分は最終的にどうなりたいのかというと

物凄い喋り上手になりたいという思いは今のところなく、ただ日常生活で「必要最低限」のコミュニケーション能力があればいいと思っている。
ただ自分が他人に興味がない、興味を持てないという性格で人間嫌いなため、最低限の能力すら身に付けられない状態でいる。これが自分のやる気の問題なのか、それとも性格の問題なのか、というのをハッキリさせない限りいくら学んだり実践しても無駄だろう。悩んだ状態で行動しても何も頭に入らないだろうし

しかしどうすればハッキリさせることができるのだろう



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)