【ニコ生ポケモン大会】第35回ゆびをふる大会 参加レポート

5月16日に参加

 

・大会ルール

2匹vs2匹のダブルバトル

出場するポケモンの合計種族値が900以下になるようにする

種族値合計を戦闘力と表記し、勝利毎に相手の戦闘力合計をポイントとして獲得する(しんかのきせきによる戦闘力の変更はしない)

 

 

・使用パーティ

ピクシー 特性:マジックガード 持ち物:いのちのたま

トゲチック 特性:きょううん 持ち物:ピントレンズ

 

合計種族値900以下=低種族値のポケモンが多く使われるだろうと踏み、火力を底上げしたメンツに

 

 

・対戦レポート

vsアットさん 戦闘力898

エルレイド(くろいてっきゅう)、ヤミラミ(たべのこし)

 

「トリックルーム」からの「アイアンヘッド」「クロスサンダー」で大きなアドを取られる。

しかし此方も「はたきおとす」でくろいてっきゅうを無くしたりトリル下でSダウン技を食らったため此方が先制できるように。

「ふんえん」で味方のトゲチックを倒してしまいピクシーvsヤミラミの対面になるも、粘りあいの末相手の「だいばくはつ」で勝ち

 

 

vsニアさん 戦闘力888

ピクシー(ヒメリのみ)、ゴーリキー(こだわりハチマキ)

 

相手のピクシーを麻痺状態にすることにでき、そこからペースを握って勝ち

 

 

vsシュッドさん 戦闘力818

マホイップ(ゴツゴツメット)、ピッピ(しんかのきせき)

 

お互いのダメージ量は五分五分だったが、技の引き運は相手の方が上だった。

トゲチックが「かげぶんしん」をしたのに攻撃を一度も避けることなく倒され、残りのピクシーも「インファイト」で耐久が下がったところを攻撃されて負け

 

 

vsどんとんたんさん 戦闘力865

トゲキッス(こだわりメガネ)、トサキント(しんかのきせき)

 

相手のトゲキッスが一番速かったのがもう既に辛かった。しかも当てたい方向に技を当ててくれない。電気技を何度か引いてひらいしんで吸われてしまう。

先に此方のピクシーが倒されるが相手のトゲキッスが何度も混乱自傷してくれたおかげでトゲチックでひたすら粘れる状況に。トサキントを倒すも結局トゲキッスに動かれて負け

 

 

・結果

2勝2敗ブロック2位 予選落ち

 

ブロック内で一番戦闘力の高いアットさんに勝っていたのが大きく、ブロック順位は高かったがあと1勝足りずに予選落ちでした。

前回もそうでしたが、使うポケモンの選択は間違っていないのにあと1歩のところで予選抜けを逃しているのが残念でならない。もっと広く言うと今年になってからニコ生のポケモン大会でまだ一度も優勝できてない・・・

今年の3月末に退職してから虚無感がひどくて何に対してもやる気が起きない状態なのも原因の一つなのかもしれない・・・まあ今回はゆびをふるという完全な運の戦いだから除くけど








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)