【ニコ生ポケモン大会】ブラストバーンカップ(ダブル)使用パーティ ヤミリザ滅び(ネクロドサイもあるよ)

カビ丸さん主催の大会「ブラストバーンカップ」で使用したパーティ。

ルールは以下の通り

・禁止伝説、幻使用可能のダブルバトル(バトルタワールール)

・「表示威力140以上、又は命中率50以下の技のみ」使用可能

・それに加え一部の攻撃技使用可能→「がむしゃら、フェイント、カウンター、ミラーコート、メタルバースト

・一部の変化技禁止「みがわり・うらみ・おんねん・ふういん・かなしばり・ステルスロック・まきびし・どくびし・やどりぎのタネ・しぜんのちから・のろい・ゆびをふる

 

目次

  1. 構築概要

  2. 個別解説

  3. 選出

  4. 大会結果

 

 

 

 

・構築概要

まず禁止伝説、幻が使えるということでその辺りの情報収集をしたところ、ルール上使えそうなポケモンが少ない、全体的に炎の通りが良いということが分かったので数ある炎ポケモンの中で最も火力の出せるリザードンから構築をスタート。

リザードンを動かしやすくするために隣に置くポケモンとして最初はエルフーンを採用していました。

 

エルフーン 特性:いたずらごころ 持ち物:きあいのタスキ

性格:おくびょう

実数値:159-×-105-×-104-184

努力値:188-0-0-0-68-252

技:おいかぜ にほんばれ うそなき おきみやげ

 

その次にリザードンが重い水に強く、晴れの恩恵を受けて威力140以上が使えるフシギバナを採用。

ここまで組んだところで「そういえばORASで高火力で2匹倒して滅びで〆る構築があったな・・・」(詳細はツイッターで誓い滅びで検索)と思い出し、威力140以上技を最大限に活かせそうとも思ったので高火力+滅びのコンセプトで組むことに。

歌い手枠としてアシレーヌを入れた後、リザードンミラーがキツいことが分かったので倒せる技を調べたところ、このルールだと「でんじほう」、「しおふき」、「ハイドロカノン」、「がんせきほう」、「もろはのずつき」の5つが出てきました。

・でんじほう→命中不安定のためダイマックス必須 特性「ひらいしん」が居た時に困る

・しおふき、ハイドロカノン→晴れを軸にしているためアンチシナジー

・もろはのずつき→覚えるポケモンがどれもリザードンより遅く「おいかぜ」ミラーで上を取れない、ウソッキーは特殊耐久が微妙なので下手すりゃ負ける可能性もある。

以上の理由から、最終的に「もろはのずつき」ドサイドンを採用しました。イワパレスは炎等倍、岩抜群を嫌って不採用。相手の岩を受けられる駒を1匹は欲しかったからです。

そして最後に相手の禁止伝説枠に数値で押し負けないよう此方も禁止伝説枠が欲しいと思い、その中でドサイドンを動かしやすくできる「トリックルーム」が使える月食ネクロズマを採用、他にも「ほろびのうた」を先制で撃てるようになるのもメリットの一つです。(最終ターンで解除すれば滅びの判定で負けない)

「トリックルーム」を採用したことによりエルフーンの「おいかぜ」がアンチシナジーになってしまったので、同じ「いたずらごころ」で「さきおくり」によるサポート、「サイドチェンジ」で隣を守ることができるヤミラミに変更。

 

以下のようなパーティが出来上がりました。

岩1匹、ゴースト2匹なためこのルールで強い「はかいこうせん」「だいばくはつ」「ばくおんぱ」といったノーマルに耐性があるのも強み

 

 

・個別解説

ヤミラミ 特性:いたずらごころ 持ち物:きあいのタスキ

性格:わんぱく

実数値:155-×139-×-86-72

努力値:236-4-252-0-4-12

技:さきおくり おにび にほんばれ サイドチェンジ

 

B極振り S4振りヤミラミ抜き

ミラーで先に動ける可能性を上げるためSを少し上げました。このポケモンにSを多く振っている方をあまり見かけなかったので4振り抜きにして残りを耐久に。

B極振りにした理由は持ち物をきあいのタスキにしているため細かい耐久調整をする意味がないので、火傷込みで耐えられる範囲を少しでも上げるためです。

技は「さきおくり」「にほんばれ」は確定として、残り2つはかなり悩んだ上に「サイドチェンジ」と「おにび」に。

「サイドチェンジ」は個人的にとても嫌いな技なんですが、2匹倒して「ほろびのうた」で〆るというコンセプトを考えると此方が数の有利を取ることが大事なため、この技でしぶとく生き残るのが良いと考え仕方なく採用しました。持ち物がきあいのタスキなのも同じ理由です。

「おにび」はパーティ全体の物理耐久が高くなかったので採用。相手の物理の火力を下げれば放置して隣を倒す→数の有利を取りやすくなるからです。

後述するラム持ちドサイドンの火力サポート、混乱自傷で負けそうな試合でも最後まで勝つ可能性を残し「ほろびのうた」に繋げられる「いばる」もありだと思います。

 

 

リザードン 特性:サンパワー 持ち物:いのちのたま

性格:おくびょう

実数値:154-×-98-161-105-167

努力値:4-0-0-252-0-252

技:ブラストバーン、れんごく、てだすけ、まもる

 

おくびょう最速のCS極振り。

最速にしないと相手の最速キュレムやソルガレオ、ルナアーラに上を取ることができなくなります。

キョダイマックス個体である理由は「キョダイゴクエン」の追加効果で相手のきあいのタスキ、がんじょうを潰せて蓄積ダメージで相手の耐久調整を崩して倒しやすくなるから。

基本「キョダイゴクエン」をぶっ放してるだけなので他の技は正直なんでもよかったのですが、最終的に攻撃技が1つだけだとPP的にも不安なので「れんごく」、晴れ下で隣のフシギバナの火力を底上げするために「てだすけ」を採用しました。

「はかいこうせん」は「ダイアタック」の追加効果が「トリックルーム」とアンチシナジーなため採用しませんでした。

 

 

フシギバナ 特性:ようりょくそ 持ち物:こうかくレンズ

性格:ひかえめ

実数値:156-×-103-167-120-152

努力値:4-0-0-252-0-252

技:ハードプラント、ねむりごな、ひかりのかべ、まもる

 

ひかえめ準速のCS極振り。

ヤミラミで「にほんばれ」した後「ねむりごな」でサポートしたり「ハードプラント」でリザードンの苦手な相手を狩りにいきます。

こうかくレンズを持たせることにより「ねむりごな」の命中率は83%、「ハードプラント」は99%まで上がるため、外しに悩まさられる場面が減ります。これのおかげで1試合勝ちを拾えました。

片方をリザードンの「キョダイゴクエン」でワンパンしながらもう片方を「ねむりごな」で眠らせるという動きがとても強いです。

「ひかりのかべ」は特殊耐久を上げることで此方のアタッカーの行動回数を増やせたり「ほろびのうた」とも相性が良いので採用。

性格は最初「おくびょう」にしていましたが、火力の足りなさが気になったので「ひかえめ」に変えました。「ようりょくそ」込みで抜けなくて困る相手はそんなにいなかったので特に問題なかったです。

 

 

アシレーヌ 特性:げきりゅう 持ち物:オボンのみ

性格:なまいき

実数値:184-×-98-146-184-58(S個体0)

努力値:228-0-28-0-252-0

技:ハイドロカノン いのちのしずく ほろびのうた まもる

 

H4n(オボン回復効率最大) ひかえめ252振りフシギバナの「ハードプラント」確定耐え

「ほろびのうた」による判定勝利のためS最遅

数ある「ほろびのうた」が使えるポケモンの中でアシレーヌを採用した理由は以下の4つ

・耐久が安定している

・弱点が少ない(このルールだと毒の攻撃が使えないので実質2つだけ)

・ムゲンダイナの「ムゲンダイビーム」無効

・無振りでもCがけっこうあるためアタッカーで倒しきれなかった相手を仕留めることができる

 

特性は「うるおいボイス」だと「よびみず」に「ほろびのうた」が無効なため「げきりゅう」に。

滅びのターンを稼ぐ上で簡単に倒されないよう、回復用に「いのちのしずく」。

 

 

ドサイドン 特性:ハードロック 持ち物:ラムのみ

性格:ゆうかん

実数値:207-193-150-×-107-40(S個体0)

努力値:132-124-0-0-252-0

技:がんせきほう メタルバースト カウンター まもる

 

H16n-1 D極振り トリル下での制圧力アップ&「ほろびのうた」による判定勝利のためS最遅

最初はAD極振りにしていましたが、C2段階アップしたカメックスの「ダイストリーム」のダメージ量が変わるのと、物理技もある程度耐えられるようHに少し回しました。

「カウンター」は「ダイナックル」による火力アップ狙い。「じわれ」はVC赤緑限定技なので「ハードロック」との両立ができないため見送りました。

特性は「ひらいしん」でも良かったんですが、このポケモンが簡単に倒されてしまうと一気に負けに繋がってしまうので「ハードロック」にしました。

持ち物は最初「じゃくてんほけん」にしていたのを「れんごく」の追加効果、「みがわり」が使用禁止→「おにび」の通りが良い、という事を考えて「ラムのみ」に変更。

 

 

月食ネクロズマ 特性:プリズムアーマー 持ち物:メンタルハーブ

性格:れいせい

実数値:203-×-130-229-148-73(S個体0)

努力値:248-0-4-252-4-0

技:プリズムレーザー サイドチェンジ トリックルーム まもる

 

HC極振りのつもりだが個体値の関係で少し調整(個体値30-×-31-31-31-0)

トリル下での制圧力アップ&「ほろびのうた」での判定勝利のためS最遅

禁止伝説枠。S0厳選してたら上のような個体値が出てきて吹いた。王冠いらねーじゃん

使える禁止伝説の中で「トリックルーム」が使えてSが低く火力があるのもそうだが、実はこのルールだと弱点を突かれない。まあその分特性が腐ってしまうわけですが。

攻撃技が「プリズムレーザー」という次のターン動けなくなる技だけなため使用頻度の高そうな補助技が欲しいと考え「サイドチェンジ」を採用。

味方のドサイドンを守らせながら機会を伺い、「プリズムレーザー」で仕留めるというのが理想。

確実に「トリックルーム」を貼れるよう持ち物は「メンタルハーブ」。

 

 

・選出

基本

先発:ヤミラミ リザードン

後発:フシギバナ アシレーヌ

 

 

辛い相手に対する簡易な立ち回り

vsこの指+ドサイドン
先発ヤミラミリザードン
にほんばれ+ブラストバーン→この指要員に

・リザードンが倒れた場合
フシギバナでドサイドンを倒しにいく

・ヤミラミが倒れた場合
フシギバナでドサイドンに眠り粉

どちらかにダイマックスを切る

 

vsリザードンミラー この指無しの場合
先発ヤミラミ月食ネクロズマ
リザードンにさきおくり+トリックルーム

どちらも生き残った場合はサイドチェンジor何かしながらドサイドンに交代

 

vsこの指+リザードン
先発ヤミラミリザードン
此方のリザードンを介護しながら相手のリザードンを放置し、2匹倒してアシレーヌで滅び

 

vsサイドチェンジ+リザードン
リザードンドサイドン
手助けダイロックをサイドチェンジ持ち方向へ

 

 

・大会結果

総当たり3勝1敗残数8 優勝!!!

 

同じ勝ち数で3人並び、残数の多さで優勝という結果になりました。

こういう残数が大きく関係する形式だと「ほろびのうた」は逆に弱いのですが、実際に使用したのはなんと1回だけでした。

vsカビ丸さん

コンセプト通りの動きができて最後に「ほろびのうた」で勝ち

 

vsトモさん

2匹倒したところで相手が降参

 

vsモヴさん

選出がキツかった上にドサイドンを倒されてしまって劣勢→負け

 

vsみやさん

交代先をミスってしまってドサイドンが削られてしまうも「サイドチェンジ」のおかげで生き残ってくれて、ドサイドンで暴れて勝ち

 

対戦内容の詳細は別記事で書こうと思ってます。

参加された方々お疲れ様でした。

 

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)