【ポケモン仲間大会】第2回 #推しポケ杯 参加レポート【種族統一】

6月4日に参加。

 

・大会ルール

セイムビート準拠(=過去作限定技、準伝説、禁止伝説、幻、アローラホウエン御三家が使用不可)
6匹見せ合いからの3匹選出 ※6匹準備できなければ3匹でも可
同じ持ち物禁止
ダイマックス禁止
自分の”最推しポケ”のみ使用可

 

 

・使用統一

最推しポケのみ参加可
ルール的には同じ推しポケであるグソクムシャの方がまだ有利。
しかし”最”推しポケとなるとドククラゲになるのと、Twitterのアイコンがドククラゲなので知らない人が見たら其方が推しポケだと思われやすい。
第3回大会もあるらしいので、今回ドククラゲを使えば第3回大会でグソクムシャ統一を選びやすくなる。
ドククラゲ統一を採用。

 

 

ダイマックス禁止の種族統一は1度だけ経験があり、技構成はその時に使用した物を参考に色々と改良。
また主催の大会告知ツイートにはセイムビート準拠である情報が記載されておらず、エントリーの際にようやく気付いたので急遽過去作技無しverに練り直した。
・改良前と同じ要素
●ダイマックス禁止なためレッドカードが100%発動する→それを活かすために「どくびし」。
●「どくびし」とのシナジーで拘りメガネ型採用。
●ダイマックスする前提の弱点保険型は不採用。
●ダイマックス禁止でほぼ確実にワンパンできる「ミラーコート」持ちを2体採用。

 

・改良後の要素
●メガネ型は「どくびし」無しで単体でゴリ押す場面も絶対出てくるため、「ベノムショック」→「ヘドロウェーブ」。
●「リフレクター」が使用不可なため、レッドカードで「どくびし」を踏んでもらった後の起点作りとして「ベノムトラップ」を採用。
●スカーフ「じしん」警戒でタスキ型に「はたきおとす」を採用。
●少しでも火力不足を補えるよう物理型の持ち物をチイラに。
●ガブリアス統一で参加する方を見かけたのと、ドラパルトにワンチャン狙うためにイバン型を採用。

 

 

・対戦簡易レポ

フシギバナ  〇
選出:チイラ、スカーフ、イバン
「にほんばれ」からの葉緑素発動展開だったが、初手「みがわり」でターンを稼げたのと3体ともスカーフ型より遅かったため上を取り続けて勝ち。

 

グレイシア  〇
選出:レッカ、チイラ、メガネ
「どくびし」で毒状態にして「ベノムトラップ」で起点作り。そこから「つるぎのまい」を積んでゴリ押しし、最後はメガネ「ヘドロウェーブ」で〆て勝ち。

 

エースバーン 〇
選出:スカーフ、タスキ、イバン
なぜか相手にリベロがいなかったため、スカーフ「ハイドロポンプ」連打で勝ち。

 

カイリュー  ×
選出:チイラ、スカーフ、イバン
「はたきおとす」で持ち物とマルチスケイルを割りつつスカーフ「れいとうビーム」で凍結を狙っていく作戦だったが当然凍らず負け。

 

ドラパルト  ×
選出:スカーフ、イバン、チイラ
「れいとうビーム」で凍らせるしかなかったが、普通に「ひかりのかべ」→「りゅうのまい」+「バトンタッチ」からの「ドラゴンアロー」連打で負け。

 

グレイシア  ×(別の方)(プレミ)
選出:レッカ、チイラ、メガネ
1人目のグレイシア戦と同じ選出、立ち回りを行うが「つるぎのまい」を1回積んだ状態の「たきのぼり」を耐えられて負け。
お互いの体力量を考えると「みがわり」を挟んでチイラを発動させてから殴るのが正解だった。

 

クチート   ×(運)
選出:タスキ、メガネ、イバン
「ねっとう」でゴリ押していき2匹倒す。しかし3匹目に「つるぎのまい」を積まれ、イバンが「ハイドロポンプ」を外したことにより「ふいうち」連打で3タテされて負け。

 

キレイハナ  〇
選出:レッカ、メガネ、イバン
ラム持ちや「ねむりごな」による妨害もあったが、「どくびし」→「ベノムショック」連打で勝ち。

 

ドラパルト  ×(別の方1)
選出:レッカ、スカーフ、イバン
「かげぶんしん」と「でんじは」でペースを乱され数の有利を取られたので降参。

 

エースバーン 〇(別の方1)
選出:スカーフ、タスキ、イバン
初手スカーフ「ハイドロポンプ」で1体無償で倒す。
2匹目にリベロ「ふいうち」を通されて次のターン交代しようか迷うが、結局相手ラストも「ふいうち」持ちだった場合倒されることに変わりはないので、突っ張らせて次のターンにタスキ型を盾にして2匹目を倒す作戦に。
結果、交代読みか何かで「ふいうち」は飛んでこず、「ハイドロポンプ」だけで勝ち。

 

キリキザン  ×
選出:タスキ、メガネ、イバン
タスキ型が麻痺状態、メガネとイバンのメインウェポンが「ハイドロポンプ」なため相手のプレッシャー耐久型に詰まされて負け。

 

ドラパルト  ×(別の方2)
選出:レッカ、スカーフ、イバン
初手「りゅうのまい」だったので「こらえる」で受けてレッドカードを発動させようと思ったらまさかのもう1回「りゅうのまい」だったので「こらえる」失敗。
そのまま「ドラゴンダイブ」で3タテ。

 

ミミッキュ  〇
選出:レッカ、メガネ、イバン
麻痺による行動封じに悩まされながらも化けの皮を確実に剥がし、最後はメガネ「たたりめ」連打で勝ち。

 

バンギラス  ×
選出:チイラ、メガネ、タスキ
ダイマックス禁止ルールでは突破が難しく、「じしん」されるだけでゲームセット。

 

アーマーガア ×
選出:チイラ、タスキ、メガネ
「はたきおとす」急所や「たきのぼり」怯みによる運を引いたが、ラス1対面で「ハイドロポンプ」2連外しで負け。
当たってたら勝ってた。

 

 

・大会結果と感想

6勝9敗(〇〇〇××××〇×〇××〇××)
最終レート1455 参加者51人中36位

・序盤元気マンでしかなかった。
・技外し2回とプレミ1回で負けた試合があるので実質9勝6敗の内容。
・推しポケで出ることがコンセプトの大会なのに600族等の強ポケを多く見かけたので今後はそういったポケモンに対する何かしらのメタ要素を入れておきたい。
・特にドラパルトは採用率の高い統一なため、マッチングしない事を祈っても高確率でいるため対策はほぼ必須と言える。それでもドククラゲのスペックだとvsドラパルトはかなり不利。ダイマックス禁止なら猶更で、「りゅうのまい」→「ドラゴンアロー」が本当にどうしようもない。
・また火力不足を補う方法が「どくびし」による毒状態に依存しているため、毒が効かない相手(特にアーマーガアのような弱点を突けないポケモン)に対して水技でゴリ押しするしか攻め手がないのが気になった。
・ダイマックス有りの時もそうだが、元の火力が低いため「ハイドロポンプ」のような高威力低命中の技に頼らざるを得なくなり、結果外して負けるというパターンが多い。
・そのためスペック不足を補いつつ勝ち筋を増やせて、vs不利マッチングで無理やりチャンスを作れる光の粉+「つぼをつく」で運ゲーを仕掛ける事を検討。
・イバン型は自分の扱い方がよくなかったので上手く機能せず。vsドラパルト統一に対しては先発に投げた方が強いと思われる。
・「ベノムトラップ」は「こうそくスピン」と迷った技だが今回はかなり活躍した。「リフレクター」が使えない分、「つるぎのまい」を積む際の起点作りとして役に立ってくれた。

 

他の人はどう考えているか知らないが、自分の場合は「推しポケで戦える」だけでは満足できない、したくないと思っており純粋に「推しポケで勝ちたい」という考えなので今後も精進していく。
そりゃいくら推しポケでも進化前のような明らかにスペック不足なポケモンの場合は厳しすぎるが、全然勝ちを狙いにいける可能性を持っているポケモンなら1位を取りに行くし、狙える環境があったら狙いに行きたいと思っている。

 

・ダイマックス禁止ルールでの構築改善案
●火力不足を補うために「あまごい」の採用。
●光の粉+「つぼをつく」型の採用を検討。








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)