底辺ブロガーがポケモン大規模仲間大会「ウルトラみりあカップ」に出場した結果www



 

参加人数4262人という大規模仲間大会に参加してきた。

 

先に結果から言うと、15戦中10勝5敗最終レート1550くらいだった。(下の画像からレート1500の相手に+1勝)

 

・景品がもらえる順位かどうかの考察

この大会は特定の順位になると景品が貰える形式になっている。その特定の順位がこちら

 

1位、327位(主催の誕生日が3月27日だから)

100位、500位等のキリ番

 

1位はまず100%無理だとして、問題は327位のほう

過去の仲間大会(参加者1000人以上)の結果を調べたところ327位のレートは1520~1550前後だったため、一応ボーダー圏内には入っている。

が、今回は参加者が4000人以上なため間違いなくボーダーからはズレることが考えられる。あと1,2勝していれば本当の圏内に入れたかもしれないが、自分の運がよろしくなかった。

大人しくキリ番の順位に賭けるしかないか・・・

 

 

・勝った10試合の勝因

1.「さいみんじゅつ」を全て当てる

2.ムラっけの発動箇所が的確

3.こちらの型が相手の型にハマる(例:此方の物理受けカバルドンに対して拘り鉢巻き持ちが出てくる等)

4.こちらのプレミを運で挽回

5.「れいとうビーム」で凍らせたら相手が降参した

 

 

・負けた5試合の敗因

1.二度目の「さいみんじゅつ」外し、ムラっけで回避が上がったのに「きあいだま」を当てられる

2.初手ギャラドスの「こおりのキバ」で凍る

3.ゲッコウガミラーの同速負け

4.ムラっけで回避下がったせいで「さいみんじゅつ」を当てられる その後のムラっけの発動箇所がガバガバでワンチャン掴めず

5.二度目の「さいみんじゅつ」外しで「みがわり」を決められる。その後安易に「ふいうち」を通され相手にペースを握られる。

 

1戦目負けた後に8連勝したがほとんどメガゲンガーで「さいみんじゅつ」→「たたりめ」で勝っていたため、後半になるにつれて「さいみんじゅつ」に頼らないプレイングに変えた。そのため15戦を通して気が緩むことは一度もなく、冷静な判断ができていたと思う。

序盤で良い流れを引いたので「これはもしかして?」と思ったが、同速負けや知らないポケモンによる奇襲(防塵ゴーグルオニシズクモ)等別の運の要素により結局「さいみんじゅつ」に頼らざるを得ない場面が出てしまい、そこで外して負けるというパターンが増えてしまった。後は構築全体でナットレイが重かったのも敗因の一つ。

まあ自分から運ゲーを仕掛けているのだから悪い運を引くのは当然といえば当然なのだが、良い流れが持続しないのは正直とても萎える。

 

次回作ではこういう運要素の強いパーティ(嫌がらせのため)の他に、もう一つ正攻法なパーティも作りたいな。(シングルでの話)

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)