【ニコ生ポケモン大会】第64回ゆびをふる大会(YY通信) 参加レポート #フィンガーボール級

9月19日に参加。

 

 

・大会ルール

◆共通

技は「ゆびをふる」or「ものまね」のみ

手持ち2匹のダブルバトル

特性「いたずらごころ」「プレッシャー」「のろわれボディ」禁止

持ち物「ゴツゴツメット」「たべのこし」「とつげきチョッキ」禁止

ポケモン、道具の重複禁止

種族値合計を戦闘力と表記し、勝利毎に相手の戦闘力合計をポイントとして獲得する(しんかのきせきによる戦闘力の変更はしない)

※最終進化形が”ふといホネ”、特性”ちからもち”によって攻撃種族値が増える場合、種族値合計=戦闘力とはならない(増加した攻撃実数値分を戦闘力に加えている)

 

◆今月の制限

公式大会ウォーターパラダイス準拠 水タイプのポケモン限定

 

 

・使用パーティ

個人的にお気に入りのトノクラゲの並びで参戦。

ニョロトノの個体はS個体1とドククラゲのS+1の2体を所持していたが、前者だとニョロトノミラーで先に雨降らしを発動され、湿った岩の効果が発動せず雨が5ターンで終わってしまうため後者のドククラゲのS+1の方を選んだ。

 

ニョロトノの配分

性格:やんちゃミント使用

特性:あめふらし

持ち物:しめったいわ

実数値:191-121-100-121-108-99

努力値:H204 A116 B36 C84 S68

・H16n-1(天候、火傷ダメージ最小)

・A11n(性格補正重視)

・A=C調整(ゆびをふるで物理特殊どちらが出てもある程度の火力が出るように)

・S味方ドククラゲ+1(行動順がニョロトノ→ドククラゲになるため、「ものまね」が1ターンで成功する)

・B余り

 

ドククラゲの配分は第38回の時と同じ。

性格:すなお→のんきミント使用

特性:あめうけざら

持ち物:ヒメリのみ

実数値:176-104-121-104-142-98(S個体8)

努力値:H164 A108 B196 C28 D12

・H16n(あめうけざら回復効率最大)

・A=C調整(ゆびをふるで物理特殊どちらが出てもある程度の火力が出るように)

・B11n(性格補正重視)

・D余り

 

 

・対戦レポート

参加者12人で6人グループ×2に別れ、各グループ上位2名までが決勝行き。

vsミクロさん 戦闘力合計970

インテレオン(ひかりのこな)、ハリーセン(じゃくてんほけん)

いきなり「ウッドハンマー」で数の有利を取られ、そこから「ほろびのうた」からの「サイコファング」で負け

 

vsどんとんたんさん 戦闘力合計930

アズマオウ(こだわりハチマキ)、ルンパッパ(じゃくてんほけん)

ルンパッパに一致「ヘドロばくだん」が通り、数の有利を取って勝ち

 

vsづまさん 戦闘力合計970

マリルリ(バンジのみ)、ニョロトノ(ウイのみ)

ニョロトノに集中砲火されて劣勢に。「ちいさくなる」を積んだドククラゲでワンチャン狙いに行くが最終的に「でんじほう」を当てられてしまい負け

 

vsあゆさん 戦闘力合計1040

ニョロボン(こだわりハチマキ)、トドゼルガ(じゃくてんほけん)

「おだてる」→「しっとのほのお」火傷を見事に決められる。
しかし「らいげき」急所と「メテオビーム」成功により勝ち

 

 

この時点での戦績が

自分→      2勝2敗 獲得ポイント1970

ミクロさん→   3勝1敗 獲得ポイント3035

づまさん→    2勝2敗 獲得ポイント1945

さくさん→    2勝2敗 獲得ポイント2030

どんとんたんさん→2勝2敗 獲得ポイント1950

あゆさん→    1勝3敗 獲得ポイント990

 

で、5戦目の組み合わせが

自分vsさくさん

ミクロさんvsづまさん

どんとんたんさんvsあゆさん

 

なので自分の予選抜けの条件としては

・自分がさくさんに勝つ

・どんとんたんさんがあゆさんに負ける

この2つが絶対条件となる。

 

自分がさくさんに勝った場合獲得ポイントは2950ポイント。

づまさんがミクロさんに勝ったとしても2915ポイントなので自分には届かない。

逆にどんとんたんさんがあゆさんに勝った場合2990ポイントで上回ってしまうため、負けることが絶対条件になる。

 

 

vsさくさん 戦闘力合計980

ルンパッパ(じゃくてんほけん)、ニョロトノ(たつじんのおび)

序盤から「リーフブレード」急所と「エレキネット」を食らいそのまま負け

 

 

・最終結果と感想

2勝3敗 ブロック4位予選落ち

 

結局また「あと1勝」のところで決勝行きを逃すという結果に。

今回は最推しポケモンであるドククラゲを採用していたので特に優勝したかったが、また同じような流れでした・・・

 

そしてついにYY通信のゆびをふる大会は来月が最後となるそうです。

ルールは負けるが勝ちということなので、まずは逆6Vメタモンを用意するところから始める。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)