【ポケモン仲間大会】1日に2回ゆびをふる大会に参加した話

・フニャニクス杯 14時~17時

結果:6勝9敗(×〇××××〇×〇〇〇〇××〇×)

最終レート1469 参加者28人中19位

特性プレッシャーと呪われボディ以外使用OKのルールで、伝説幻は使えない。

食べ残し、ゴツゴツメットが使えるので特性悪い手癖で持ち物を奪えるオーロンゲで参戦。

接触技を食らわないと持ち物を奪えないため、接触以外の技で倒されたり「なりきり」で自ら特性を消してしまったりと、今回はいいところが無かった。

1440くらいまでレートを溶かすも連勝して1490まで伸ばす。

そのあと1勝2敗でラスト1戦。此方アッキ発動+ゴツメ奪ったHP緑オーロンゲ、相手HP赤麻痺状態のカビゴンという対面。

「ときのほうこう」を撃ったので反動で動けず、その間に「しんそく」が急所に当たって負けるという大事故が発生して大会終了。

 

なお最後勝利していたとしても順位が1個しか上がってないのであまり変わらない模様。

 

 

・指振リトルりカップ 21時~24時

結果:10勝15敗(×××××××〇〇〇××××〇〇×〇××〇〇×〇〇)

最終レート1455 参加者31人中21位

最終進化前限定のゆびをふる大会。

輝石対応ポケモンとゴンベを持ってないのが痛く、相手のゴンベにガッツリ削られて負けるパターンが多かった。

他にも「あと1発で倒せる」という場面で補助技を連発して負けるという事も多かった。

4連敗した後に運が良くなってきたのか、7勝4敗で勝ち越し。

 

しかし大会景品が20位までというルールの中で21位というギリギリの結果となってしまった。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)