【ポケモン仲間大会】第3回 #推しポケ杯 参加レポート【種族統一】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

7月23日に参加。
フォロワーのひでさん主催の大会。

 

 

・大会ルール

セイムビート準拠(=過去作限定技、準伝説、禁止伝説、幻、アローラホウエン御三家が使用不可)
同じ図鑑No.のポケモン最低3匹準備
6匹見せ合いからの3匹選出 ※6匹準備できなければ3匹でも可
同じ持ち物禁止
ダイマックス禁止
自分の”最推しポケ”のみ使用可 
対戦回数:10回まで

 

 

・使用統一

前回1推しのドククラゲ統一で参戦したので、今回は第2の推しであるグソクムシャ統一で参戦。
ダイマックス禁止であることとドラパルト統一の多さに合わせて普段使ってる個体や技を変更。

 

具体的には
●ハチマキ型の個体を性格さみしがりHB個体0に変更。
→ダイマックス禁止=一撃で倒される機会が少ない。
そのためあえて耐久を下げて確実に危機回避で帰れるようにした。

 

●オボン型に「シェルブレード」を採用。
→オボン型は「ステルスロック」持ちに対して上から「ちょうはつ」を通すことが目的。
その中で「ステルスロック」持ちの大半は水の通りが良いのと、技構成によっては「ちょうはつ」を食らった後交代してくる相手もいるため、その隙を突いて(50%ではあるが)Bを下げ最速振りと合わせてアドを取りにいける「シェルブレード」を採用した。またvsミミッキュ意識でもある。
この案はダイマックスありルールでも有りかもしれない。

 

●タスキ型の「こらえる」→「ドリルライナー」に変更。
→相手のダイマックス対策で採用していた技なため今回は不要。
なので苦手な電気タイプに対してワンチャン掴める「ドリルライナー」に。
一撃で倒される機会の少ないダイマックス禁止ルールでタスキ持ちは過剰に見えるが
・一致弱点を突いてくるような不利マッチングに対して逆転できる可能性。
・タスキ「カウンター」対策。
・やはりハチマキ「であいがしら」で倒し切った場合の受け先が欲しい。
以上の3つを考慮し、ダイマックス禁止ルールでもタスキを採用した。

 

●チョッキ型の配分をHDベースを保ちつつ微調整。「しっぺがえし」の採用。
→臆病ドラパルトのメガネ「10まんボルト」確定3発調整。(=危機回避が発動しない)
返しの「しっぺがえし」+「アクアジェット」で無振りドラパルトを高乱数で落とせる。
ダイマックス禁止=サイコフィールドを貼られる機会が少ないのでこの枠にも「であいがしら」を採用しようかと思ったが、「であいがしら」への依存を上げてしまうと虫弱点相手に対して虫技を連打しにくくなる点が気になったため「きゅうけつ」のままにした。

 

 

・対戦簡易レポ

アマージョ  〇
選出:ハチマキ、チョッキ、メガネ
特性じょおうのいげんで「であいがしら」が効かない相手だったため、結果論ではあるが「であいがしら」への依存度を少し下げておいて良かったと思った。
火炎玉「なげつける」や両壁を貼られるもハチマキ「どくづき」と虫技でゴリ押しして勝ち。

 

ミミッキュ  ×
選出:メガネ、オボン、珠
食べ残し+「おにび」+「みがわり」+「まもる」+「ゴーストダイブ」の搦め手に苦戦。
その後2匹目の特殊型ミミッキュに倒されまくったので降参。

 

ゲンガー   〇
選出:珠、チョッキ、オボン
「ふいうち」見せてるのに攻撃技を連打されるという想定外の立ち回りもあったが、しっかりラス1にチョッキ型を合わせて勝ち。

 

ボーマンダ  ×
選出:メガネ、珠、オボン
相性的にほぼ無理。「エアスラッシュ」回避を祈ったが全て当たったので早々に降参。

 

ルカリオ   〇
選出:ハチマキ、珠、チョッキ
なぜかタイプ一致半減の鋼と格闘しか撃たれなかったので「アクアジェット」連打で勝ち。

 

エルレイド  〇
選出:メガネ、オボン、珠
「おにび」警戒で特殊型から入るが相手は両壁。
その後積み技警戒で「ちょうはつ」を通すが相手は「10まんボルト」と、此方の読みは全く通らず。
「みらいよち」がラス1の珠型に通ってたら怪しかったがオボン型に通り、「10まんボルト」で麻痺ることもなく物理で殴って勝ち。

 

エースバーン 〇
選出:ハチマキ、タスキ、チョッキ
初手タスキ「カウンター」でワンパンされたり、リベロ「ふいうち」→「かえんボール」でかき乱されるもラス1HP満タンチョッキ型vsHP満タン情報不明エースバーンの対面に。
流石に特殊型だろうと思ったが「かえんボール」を撃たれ、返しの「ドリルライナー」急所で勝ち。
相手の配分や「ふいうち」の有無によっては運勝ちだった。
タスキ「カウンター」や初手からメガネ「エレキボール」を通される可能性を考えると先発はタスキ型にするべきだった。

 

ランクルス  〇
選出:オボン、メガネ、チョッキ
初手「であいがしら」でワンパンし、2匹目に「ちょうはつ」して「トリックルーム」を封じた。
そしてラス1にも念のため「ちょうはつ」を通しつつ、危機回避で交代して虫技連打で勝ち。

 

ボーマンダ  ×(再戦)
選出:メガネ、珠、オボン
まさかの再戦。今度は「ダブルウイング」回避を祈ったが全て当てられたので早々に降参。

 

バンギラス  〇
選出:オボン、珠、ハチマキ 
「ちょうはつ」で「ステルスロック」を封じに行くが相手の方が速く、さらに「シェルブレード」を外したことにより数の有利を取られてしまう。
なんとかラス1まで追い詰め、「いわなだれ」を避けて平等になり勝ち。

 

●選出率
珠:・・・
ハチマキ:
オボン:・
タスキ:・
チョッキ:
メガネ:・

 

 

・大会結果と感想

7勝3敗(〇×〇×〇〇〇〇×〇)
最終レート1559 エントリー数41人参加者39人中5位

・相性上絶対に勝てないボーマンダ統一と2回もマッチングしたのが痛く優勝ならず。
・逆に前回大会でかなり多かったドラパルト統一とは一度も当たらなかった。
・ただその分多種多様な統一とマッチングし、さらに知ってる人とは2回しか当たらなかったので今回は「別界隈での種族統一大会ではなるべく知らない人と対戦したい」という願望が叶った。
・ダイマックス禁止に合わせた変更点は特に問題なかった。
・あえて言うならハチマキ型で「であいがしら」を選択する勇気が起きなかったため、性格さみしがりHB個体0がどう活きるかが不明のままだった。
・タスキ型の選出率が一番低かったが、今回は一致弱点を突いてくる相手とは3回しか当たらず、内2回は連続技持ち、1回は特性砂起こしでタスキを潰してくるため今回は選出率が低くても仕方ない内容だった。
・特性リベロのエースバーンも含めたら4回だが、相手のタスキ「カウンター」対策も兼ねているため此方は逆に選出必須な相手だった。
・あと相手の「フリーズドライ」持ちへの耐性が薄いため、タスキ型の「ドリルライナー」を「インファイト」に変えても良い。

 

 

 

今回の大会の録画。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

“【ポケモン仲間大会】第3回 #推しポケ杯 参加レポート【種族統一】” への1件の返信

  1. ポケモンに一切関係ないコメントで申し訳ないですが、もなちゃとが復活しましたね。やまむんさんのブログを見てもなちゃとに興味を持っていたので、復活は嬉しかったです。

    新もなちゃとをまとめたブログも作って欲しいです。

    URL↓
    https://monachat.life/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)