【ポケモン仲間大会】フィンガーボール級仲間大会バリコオル1on1 参加レポート

4月10日に参加。

 

結果:14勝5敗(〇〇×〇〇×〇×〇〇〇〇×〇×〇〇〇〇)

最終レート1618 参加者45人中1位

最初の数戦から既に調子が良かったので「もしかしたら・・・?」と思っていたが、ついにフィンガーボール級仲間大会で初めて1位を取ることができた。

 

自分よりも先にレート1600代になった人が4人ほどいたが、内2人はそこから潜るのを辞め、あとの2人はレートを溶かしたのでその隙に1618まで伸ばした。

22時20分に1618になった時点で暫定1位。ここから潜るのを辞めて、順位を抜かされたら潜る体制でいた。

自分よりも先に暫定1位になった人が対戦数をかなり余らせていたので抜かされないか心配だったが抜かされることはなく、そのまま自分が最終1位となった。

 

 

・使用したバリコオル

NNの元ネタ:バリコオル→チャップリン→独裁者→美大落ちおじさん

そもそも今回の大会自体チャップリン氏の誕生日に因んでバリコオル1on1ルールになっている。

 

性格:のんき

配分:H28 A212 B252 C12 D4

H16n-1(天候ダメージ最小)

A=C調整(実数値を同じにしておけば「ゆびをふる」で物理特殊どちらが出ても安定した火力を出せるようにするため)

Bぶっぱ

D余り

S個体0(「ほろびのうた」の判定勝ち狙い、「しっぺがえし」等の火力アップ狙い,また後攻になりやすいので1ターン目から弱点保険が発動した状態での攻撃が可能)

 

大会中はこの配分が活きる場面が多く存在しました。

 

 

・負けた5試合の敗因

1試合目:相手の弱点保険が発動してゴリ押しで負け。「みだれひっかき」5回当てて追い詰めはした。

 

2試合目:初手「ブラストバーン」急所でワンパン。

 

3試合目:「したでなめる」で麻痺状態にするが1度しか痺れず。その隙にジワジワと攻撃技で削られ最後「ねっぷう」を引かれて負け。「だいもんじ」を千鳥足で避けられてなければ勝ってた。

 

4試合目:S0弱点保険持ちミラー。あと一撃というところまで削り「うたう」で眠らせることに成功するが、そこから補助技を連発してしまったのと前のターンで「どくガス」を当てられたのが響き毒のダメージで負け。

 

5試合目:「スプーンまげ」を引いたおかげで要所要所で攻撃を避けるくらいには運が良かったが、相手も「うそなき」→特殊技を引いてきたり「つきのひかり」で回復してきたりと運が良く、「うたかたのアリア」が命中して負け。

 

どれも勝てる可能性のある試合だったので、今回は完全に運が良かった。

バリコオルと同タイプのルージュラ1on1の時も上位だったので、運だけでなく弱点保険が強かった説もある。

 

 

・おまけ

大会終了時間と大会途中結果の確認が重なってしまうと順位が「なし」と表示されることが分かった。

この画面からBボタンを押して戻ると大会が終了したというメッセージが出てそのまま参加解除となる。

ただ「なし」という表示になったからといって除外されるわけではないみたい。

 

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)