もなちゃと常連だった時の話 23部屋編(2009年6月~)

貞子部屋で常連メンバーの一人と喧嘩し、その勢いで貞子部屋常連を辞めて行きついた先がこの「もなちゃと23部屋」。

なぜ23部屋の常連になったかというと、そこで知り合った人達とたまたま意気投合したから。

 

最初は貞子部屋の時と同じHN「富沢 或」にしていたが、貞子部屋常連に見つかってしまったのをきっかけにHNを「ヤマモト」「ヤマちゃん」に変える。

HNの元ネタはポケモンサンデーという番組の対戦コーナーで使われていたアサナンのNNから。

 

他には「白晶油」という名前を使っていた。

 

 

・23部屋でしていたこと

雑談メインであることは他の部屋と同じだったが、違う点として「他の部屋よりも人数が圧倒的に少ない」ところ。

そのため部屋の人数が満員になることが少なく、通りすがりの人と交流することも珍しくなかった。

またこの時から初めてSkypeを使い、常連メンバーと通話したり、スカチャで話すことがたまにあった。

まあほとんど同じ人としか通話してなかったが、相手が酒で酔っていたのもあり話すのが苦手な自分でも問題なく話せた。

特に土日は深夜まで話し込むことが多かった。

 

 

・初めてのオフ会

そんな中で常連メンバーの一人(以下”A氏”と呼ぶ)と仲を深めていき、ついに人生初のオフをすることに。(※サシ)

1回目はポケモンセンターナゴヤへ遊びに行って(2010年1月)、2回目は横浜の町をウロウロして(2010年2月)、3回目は大阪でカラオケと(2011年1月)、計3回会った。

2回目の時はバレンタインチョコを貰い、3回目の時は一緒にプリクラを撮ったのを覚えている。

 

1回目の時は楽しく遊べたが、2回目は待ち合わせの際にちょっと問題があり、それが原因で後半気まずくなって話し辛くなる。

何があったかというと、

駅の改札口近くで待ち合わせ

相手が中々こないので探しに行く

当時携帯を持ってなかったので連絡手段が無く、自分が集合場所にいなかったため相手を困らせてしまう

 

これはまあ連絡手段が無いのに勝手に集合場所を離れた自分が悪い、それは分かります。

ただこの事をその時やオフが終わった後に言わず、3回目のオフに誘った時に後から不満を言ってくる相手もどうかと思いました。

不満があったなら2回目のオフの時に言えばよかったのに、それをせず3回目のオフの日までズルズルと根に持って後出しジャンケンをしてきたのは非常に不愉快だった。まあ後出しジャンケンは自分もたまにやらかしてしまうし、こうやってブログで愚痴ってる時点であまり人のこと言えませんが・・・

 

↑の事+相手のリアルの事情もあって、3回目のオフの時は相手は機嫌がそんなに良くない状態だったので非常に話し辛かった。

しかし自分から話しかけ辛い雰囲気を作っておいて、いざオフが終わった後に「もっと絡めよwww」と言ってきたのはどうかと思った。

 

 

・その他の不満 自分の非

それ以外にも

・Skypeで絡みが減った人のコンタクトを外す(向こうからの絡みはほぼ無し)

・過去の辛い話に対して自分が「言いたくなかったら言わなくてもいいよ」と言ったのに勝手に話し出して、終わった後に「古傷えぐるな」等と逆ギレ

・意地でも謝らない、謝れない

等といった不満があった。やはり人間関係というのは関わりが増えれば増えるほと相手の悪い部分が見えてくるものだなと改めて思った。

 

ただ、自分もけっこうやらかしたことはある。

常連メンバーの一人であるS氏という人物がA氏ととても仲が良く、それを見た自分は嫉妬と劣等感に襲われる。

そして何かある度にネガティブな感情をA氏にぶつけていたのである。(「自分ってダメなのかな・・・」等)

今思えばただの面倒臭いやつです。アレはひどかった。

 

 

・少しずつ疎遠に

色々あったが、時が経つにつれて23部屋の人達と疎遠になっていく。

理由は2009年8月に食い逃げ部屋の常連になり、最初はそちらと掛け持ちしていたのだが、人口の違いもあって段々食い逃げ、学校部屋の常連との関わりが多くなっていったからである。

2012年の末辺りにA氏と再会するが、その時点でもう関わりたいという思いはなく、申し訳なさもあって距離をおくことにした。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)