【ポケモン仲間大会】オールミドルカップ 参加レポート【種族統一】

4月3日に参加。

 

・大会ルール

・進化前と進化後が存在するポケモンのみ参加可能。(=中間進化限定)

・パーティは同じ図鑑ナンバーのポケモンで統一すること。

・ノーマルルールを使用した3匹選出のシングルバトル。

・過去作限定技使用可能。

・バリヤード、マッスグマはガラルの姿のみ参加可能。

・同じアイテムを複数持たせる事は不可。

・「フィラのみ」等、HP4分の1で発動する回復きのみは同じアイテムとして扱う。

 

・種族値合計350以上のポケモンは「しんかのきせき」禁止。↓

バチンキー

ジメレオン

デンヂムシ

アオガラス

ハトーボー

マッスグマG

クサイハナ

ロゼリア

バニリッチ

ギギアル

ガマガル

ゴーリキー

ゴースト

トロッゴン

ガントル

ドテッコツ

ギモー

テブリム

トゲチック

ゴチミル

ダブラン

ランプラー

オノンド

ニダンギル

リザード

サナギラス

ジヘッド

ジャランゴ

ドロンチ

ヒノヤコマ

ルクシオ

ユンゲラー

フシギソウ

カメール

ホイーガ

ニョロゾ

ドゴーム

ワルビル

シードラ

ニドリーナ

ニドリーノ

コモルー

ガバイト

メタング

トドクラー

コドラ

ハクリュー

ジュプトル

ワカシャモ

ヌマクロー

フクスロー

ニャヒート

オシャマリ

コスモウム

 

・種族値合計450以上のポケモンは「しんかのきせき」に加え、個別に指定されたアイテム1種類禁止。

サマヨール(とつげきチョッキ)

イノムー(こだわりスカーフ)

バリヤードG(とつげきチョッキ)

ヌメイル(とつげきチョッキ)

ラッキー(たべのこし)

レアコイル(じゃくてんほけん)

ゴルバット(いのちのたま)

 

・種族値合計485以上のポケモンと、特性:リベロのラビフットは「しんかのきせき」に加え、個別に指定されたアイテム2種禁止。

ラビフット(きあいのタスキ、こだわりスカーフ)

サイドン(こだわりハチマキ、いのちのたま)

ポリゴン2(しんかのきせき、とつげきチョッキ、いのちのたま)

エレブー(こだわりスカーフ、いのちのたま)

ブーバー(こだわりスカーフ、いのちのたま)

 

・上記以外はアイテム制限無し。

レドームシ

トランセル

ハスブレロ

コノハナ

アママイコ

キルリア

ピカチュウ

ピッピ

ビブラーバ

プリン

マリル

 

 

・使用統一

前々から好きだったドロンチ統一で参戦。

統一自体は元から持っていたが、環境に合わせて新規育成個体を投入し、さらにポリゴン2の特性ダウンロードを意識して特防を上げる調整も行った。

大会直前に「サイコファング」→「かなしばり」が良いことに気付いたが遅かった。

 

 

・対戦簡易レポ

ニダンギル  ×

特防のほうが低い相手なので特殊型で攻めに行くが予想以上に硬く弱点保険持ちに半壊させられ、ダイマックスミラーで負け。

 

シードラ   〇

「りゅうのまい」→「げきりん」で最初の1体目を倒しきれず「りゅうのいぶき」で倒されてしまう。ここで「かなしばり」を入れておけば良かったと少し後悔。(「かなしばり」で「りゅうのいぶき」を封じれば「りゅうのまい」の起点にできる。)

そこからタスキ型に対してダイマックスを切られたのが大きく、ダイマックス後切りからの「ダイサンダー」連打で勝ち。

 

ビブラーバ  〇

ねむねご型に搔き乱されるが珠「たたりめ」で2匹倒し、ラストのダイマックスに「ワイドブレイカー」を入れて切らした後、此方もダイマックスして勝ち。

 

ガバイト   ×

「スケイルショット」を呪われボディで封じた。

しかしこの後「スケイルショット」以外にドラゴン技があると思ったので早々に弱点保険型でダイマックスを切ったが、これが失敗でダイマックスミラーの殴り合いで負け。

「ワイドブレイカー」で攻撃を下げていたのでダイマックスしなくてもドラゴン技は耐えてるし、命の珠型を先に出すべきだった。

 

テブリム   〇

「シャドーボール」ゴリ押しで勝ち。

 

ドロンチ   ×

途中全ての同速対決に負けたせいでラストの「げきりん」を耐えずに負け。

 

ランプラー  ×

初手スカーフ「シャドーボール」を呪われボディで封じ、「りゅうのまい」の起点に。

「ゴーストダイブ」で倒すが、次に出てきたランプラーにも「ゴーストダイブ」を選択してしまったせいで「トリックルーム」を使う隙を与えてしまい負け。

タスキ持ちなのは察しがついていたので「げきりん」ゴリ押しが正解だった。

 

ニダンギル  ×(再戦)

先発タスキ型で行くがそれでも普通に負け。多分100戦やっても勝てる気しなかった。

 

マリル    〇

此方の技構成的にキツい相手だった。

相手が初手ダイマックスだったので最初の2体でターンを稼ぎ、ダイマックス後切りからの「ダイサンダー」連打で勝ち。

 

リザード   〇

電気玉「なげつける」をラムで無効化しながら「りゅうのまい」→「げきりん」連打で勝ち。

 

 

・大会結果と感想

5勝5敗 最終レート1503 参加者23人中12位

負け越しで終わるのがイヤだったのでレート1500復帰した時点で撤退。参加者が23人だったので多分真ん中辺りの順位。

 

◆対戦に関して

純粋な負けがニダンギル戦だけだったので実質8勝2敗で、レートや残り時間によってはワンチャン1位あったのが悔まれる。

 

◆構築に関して

今回はたまたまタスキ型の呪われボディが発動してくれたので良かったが、やはりラム型の「サイコファング」の枠は「かなしばり」が正解だと感じた。

あとvsポリゴン2統一意識で用意したタラプ持ちの耐久型だが、肝心のポリゴン2とはマッチングせず、一度も選出することはなかった。

それだけなら仕方ないのだが、実は大会中マッチングしなかったもう一人のドロンチ統一使いが使っていた耐久型が個人的に自分のより強そうな構成だったので、構築の差を感じた。(念のため技構成は伏せておく)

 

先月の大会結果がダメダメだった分、今回はプレイングさえしっかりしていればワンチャンあった分、まだましだろうと前向きに捉えることにする。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)