【ポケモン仲間大会】最強運ゲーカップ 参加レポート

結果:9勝16敗(×〇×〇〇×〇×××〇〇×××××××〇××〇×〇)

最終レート1417 参加者53人中46位

持ち物ヒメリのみ固定、ミュウツー馬バドレックス、プレッシャー呪われボディ禁止のゆびをふる1on1ルール。

 

持ち物固定なので特性が強いポケモンが有利

天の恵みで追加効果を引きやすく種族値も高いジラーチで参戦。

しかし全体的に運が悪く、追加効果を全く引かずに負け越し。

 

20%「ぜったいれいど」を当てる等の豪運も引いたが、

・相手の先制「ほろびのうた」→此方「はいすいのじん」で素早さ逆転して滅びで負け

・天の恵み込みの「かえんだん」で火傷(60%)にできず相手の「せいなるほのお」で火傷(50%)になって負け

・お互い麻痺状態で此方のほうが多く痺れて負け

という感じで悪い運のほうが圧倒的に多かった。

 

あと大会景品が上位3名+7のつく順位に貰えるというルールで46位という絶妙な順位になってしまったのも運が悪かった。

 

 

・使用ポケモンランキング

入手難易度的にジラーチはそんなにいないだろうと思っていたがまさかの2位だった。実際自分も25戦中5戦ほどジラーチと当たった。

1位は予想通りカビゴンだったが、特性は厚い脂肪より免疫が多かったのがちょっと驚き。

「ゆびをふる」慣れしている人達は長期戦に強い「どくどく」を無効化できる免疫を選択することが多いのだが、逆にあまり慣れていない人達は厚い脂肪を選択することが多い。

つまりこの結果を見るに、それだけ「ゆびをふる」対戦に慣れている人が多かったということになる。正直「ゆびをふる」に慣れているのは自分の周り(フィンガーボール級)だけだと思っていたので、この考えは改めるべきだと感じた。

 








Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)