”「種族統一大会」の話”に対する自分の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

これはフォロワーのモヴさん執筆の”第5回Storm会戦 譲渡会用ポケモン一覧”の記事内にある”譲渡会とは関係ない「種族統一大会」の話”の部分に、自分が勝手に感想を述べたり自分語りをしていくだけの記事です。
最初に読んだ時に色々と共感できる部分が多かったのですが、感想をTwitterで言うには文字数が足りなさそうだと思ったので今回記事にしました。

 

記事の詳細
https://ancientmovu.hatenadiary.com/entry/2022/08/01/183634 

 

 

文章の上部から感想や自分語りを言っていきます。

 

>過去作限定技という「そのポケモンのできることの最大限の幅がある」のが大好きです。
→凄く分かります。そのポケモンの本来の技量を全て出し切ってる感があっていいですよね。
「最大限の幅がある」という表現、非常に的を得ていると思います。
まあそもそもの話、「過去作限定技」という概念自体無くなって欲しいんですけどね・・・
剣盾でバトルレギュレーションマークという物が出来てから公式大会で過去作限定技持ちが参加できなくなってしまったのが非常に悲しい。

 

 

>しかし、毒毒を取り上げられたドククラゲ統一とかに”今世代だけで”魅力を感じるという人は少ないのでは?と思う場面もあるので、過去作ありの方が断然好きになることができるのではないでしょうか。
お前もダイマックスアドベンチャー産ドククラゲ統一やらないか?
「どくどく」が使えても魅力を感じる人は少ないままだと思うし実際少ないままですよ!!

 

 

>どうしても自分の好きな環境を誰も作ってくれない、などのフラストレーションが溜まらない限り、
→私みたい🦑
自分が主催した仲間大会「ポケモン統一杯」の開催理由もそれですからね。

 

 

>せっかく入った新人がそのシステムの上に胡坐をかいていたならばベテランが別ゲーへと移行などした瞬間に閉鎖的対戦コンテンツになるのは間違いありません。
→正直、自分はその「胡坐をかいてる」側でいたいと思っています。
現在、自分の好きな対戦環境を作っている人がほぼいないため自分が仲間大会を主催している状態でいますが、これも正直他にやってくれる人、継いでくれる人がいるなら全部その人に任せたいくらいです。
あまりウソを言いたくない、いい子ちゃんぶりたくないから言いますけど、「自分の好きな対戦環境があって、そこでずっと対戦できるならそれでいい」「ネット上ですら何かしら責任を負うのがイヤ」というのが自分のガチクズな本音なのでね。
実際、リピボ級が活動再開してまた仲間大会を開催するようになったらその時は自分が引っ込むつもりでいます。
とはいえ「ポケモンモチベがある内は好きな対戦環境を維持しておきたい」というのも本音だし、ガチクズな自分が立ち上げた企画で少しでも界隈が盛り上がってくれるのならそれはとても喜ばしいことなので、自分がポケモンを続けていて尚且つ他に対戦環境を作ってくれてる人がいない内はできる限りの活動はしていきたいです。

 

 

>私だって運営をやりたくて種族統一界隈に入ったわけではないですが、人がいてこそのコンテンツなのに自分が遊びたい時に遊んでくれる人がいないのに耐えられず、人が一定数いるようにするために企画を立ち上げたのです。
→私みたい🦑 全く同じです。
現在の自分は常にポケモンしているので「自分が遊びたい時」というのが常にある状態なんですが、リピボ級が活動停止しているのもあって種族統一の対戦環境が割と貴重な状態となっています。
そう言った時に「制限無しの種族統一ルール」で開いてくれる人がいないことに耐えられず、自分で大会を開くようになったわけです。リピボ級が活動停止してる今だからこそ需要があるルールだと自分は思ってるんですけど、皆何かしら制限付けたがるんですよね・・・
まあそもそも別ゲーに移行していてポケモンモチベが無いっていう人もいますし、そういう意味では自分のように常にポケモンしているような人が仲間大会を主催して界隈を盛り上げていくべきなのでは?っとも思いました。

 

 

>次世代のモヴ、いでんし、凸脇、ayuyになるのは君だ。
最初「俺は????」って思いましたけど、本格的に活動を始めて4ヵ月程度しか経ってない、特に目立った活動してない、責任負いたがらないクズな自分が名前出されるわけがなかった。
まあ自分はモヴさん同様「自分への賞賛が欲しいんじゃなくて種族統一という遊びが流行ってくれれば良い」という思いでいるので、ここはあまり気にしないでただひたすら自分の活動に専念していた方が良いですね。

 

以下、自分が行った種族統一関連の活動
・仲間大会「ポケモン統一杯」を主催した。
・界隈内の企画に参加や便乗をした。(アドベントカレンダー、ラジオ企画、大宴会)
・別界隈の種族統一大会に参加した際に自分の界隈で開かれる種族統一大会の宣伝を行った。(尚ほとんどFF内にしか反応が無くて悲しくなった。別界隈からフォロワーになった人に直接営業するのも検討している)

 

ああ、まだまだこれからですね。

 

 

 

最後に。
自分は「種族統一界隈を盛り上げるのは何も運営側だけではない」と考えています。
盛り上げるというのは企画や大会ツイートの宣伝が一番ですけど、具体的には「その企画や大会に参加したいと思わせる、界隈が賑わっているように見せる」ということです。
もっと言うと、自分が参加したいと思った企画や大会に対してポジティブに思った事を積極的に表に出していく。「この大会はここがいいぞ、ここが面白いぞ」等、参加者が企画に対してポジティブな感情を出している部分を見せれば界隈が賑わっているように見えますし、何より主催側からしたら「自分の企画で周りが盛り上がってくれている、楽しみにしてくれている」と思わせることができて主催のモチベ維持にも繋がります。
っていうかモヴさん本人も触れてましたしね。

実際、第2回ポケモン統一杯を開催した時に大会ルールを第5回Storm会戦と同じ物にして「2か月連続で同ルールの種族統一大会開催!」という形にしましたが、自分の宣伝の仕方が良くなかったのもありタイムラインが対して盛り上がってなくて悲しかった思い出があります。

 

あとこれは何も大会関係に限らず、普段のツイートでも積極的にやっていいことだと思っています。
「●●さんのここが好き」「この動画のこの部分が面白い」「この記事にとても共感した」等・・・

 

※ここから自分の想像を含めた話
実際に自分のタイムラインであったことですが、とある種族統一勢がアカウントを削除し、それに対してフォロワーの人が「尊敬していたのに・・・」と言っているのを見かけました。
削除した理由は不明ですが、これもフォロワーの人が相手を尊敬していたことをどこかしらで表に出していて、それが本人の目に止まっていれば、それが自信に繋がってアカウント削除されなかったかもしれませんよね。
※想像の話終わり

 

なお現実はネガティブなツイートの方が多く見掛けるし、筆者自身はほぼ実践できてません。
逆にモヴさんはたまにそういったポジティブなツイートをされているため、参考になるかと思います。

 

 

自分は8世代後半になってからようやく仲間大会の主催を経験してまだ4か月程度しか経っていない素人であり、また基本的には1人が好きなので界隈の方々とはあまりズブズブの関係になりたくないので一定の距離は置いてますが、そんな自分でも「種族統一という遊びを流行らせたい」という思いがあるのは多分皆様と同じですので、素人なりにですが自分が出来る範囲内の活動を細々と続けていくつもりです。

 






このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)